TOP >

自動車保険とことん比較!

自動車保険を比較で安く!

自動車保険任意保険)はもしもの時のためにほとんどの方が加入する保険ですが、保険料は年間数万円から十数万円ほどかかる大きな出費です。

自分に必要な補償を選び複数の保険商品を比較することで、保険料が最も安い自動車保険を見つけることができます!

18歳~20歳の自動車保険を安くする5つの方法を比較!

18~20歳の自動車保険

自動車保険の加入の中でもっとも割高なのが18歳から20歳の新規の保険加入です。これは統計的に免許取立てのこの世代の事故率が極めて高く、また重大事故を引き起こすリスクが高いからで、保険会社にとっては残念ながらもっとも積極的に引き受けをしたくない世代となります。

したがって新規加入はどの保険会社をつかっても安くなりにくいことから、相当な工夫をしませんと保険料は安くならないもののひとつといえます。

まず、家族がすでにクルマに乗っていて保険に加入している場合にはそれをうまく使うという方法があげられます。実は単独での新規加入では如何ともしがたいものになるのですが、こうした家族の既加入の保険を利用すればかなりお得な保険料にすることができるのです。

続きを読む

自動車保険の見積もりを効果的にとる方法

自動車保険の見積もりを効果的

自動車保険はひとむかし前と違い、加入する保険会社によってかなり保険料が異なるようになってきています。

その大きな理由としては、人口減少で限られた加入者を対象として補償を行うためにリスクの高い加入者にはより一層高い保険料を請求するように体系が変わってきていることが上げられます。

また高齢化社会が現実化してきており、60代以降の加入者の事故率も高くなってきていることが負担保険料を増加させる動きになっているのです。

保険の年齢別の料率や保有車両の料率、保険の等級については国内で事業を行っている損害保険会社は統一的なしくみを導入していますが、肝心なのはそのひとつひとつの料率に対応した保険料が各保険会社によって異なってくることです。

続きを読む

自動車保険を比較して1番安い保険料を見つける方法!

1番安い自動車保険比較

近年、自動車保険には実に様々な商品が登場してきていますが、それだけに1番安い保険を見つけるのにはどうしたらいいのか迷われる方も多いことと思います。

同じように見えてそれぞれの自動車保険は異なる部分も多く、何より価格が非常に多様化しているのが最近の傾向となっています。しかし、幸いなことに、今ではインターネットを駆使することにより、そうした悩みを簡単に解決させることができる時代になってきているのです。

自動車保険がどうしてこうした価格の異なる状況になったのか経緯をしっかり理解したうえで適切な方法を用いれば、手間をかけずお得な自動車保険の加入ができるようになるのです。まずは自動車保険の現状と、その中でのその中での適切な商品選択の方法についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む

即効で自動車保険を安くする3つの手順!

自動車保険安くする方法

自動車を所有しているご家庭にとって、一番削減したい費用と言えば『自動車保険料』ですよね。 例えば、月2万円を自動車保険料に支払っている場合、年間24万円もの出費をしていることになります。

このようなことを踏まえると、「事故をしていないのに大金を支払うのは無駄だ」と感じられている方が多いのも、仕方がないのかもしれません。 しかし、ただ闇雲に保険料を安くしてしまうと、いざという時に「保険がおりない!」なんてことも。

自動車保険を利用する目的は、”リスクを補完すること”ですから、そのようなことは絶対避けなければなりません。 今回はリスクを最小限にして、簡単に保険料を安くする3つの手順をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

人物アイコン

自動車保険を比較して保険料を即3万円安くした私の体験記

自動車保険を安くした体験記

自動車保険(任意保険)は車を運転する人の内、約70~80%の人が加入する保険です。自動車保険には「自賠責保険(強制保険)」と「任意保険」の2つがありますが、自賠責保険だけではもしもの事故の際の補償が全く足りませんので、ほとんどの方は任意保険にも加入します。

しかし任意保険でネックになるのが、"保険料の高さ"です!年齢や補償内容にもよりますが、年間数万円~十数万円ほどかかりますから、やはり痛い出費です...しかも毎年続きます...(;_;)

しかし自動車保険は、同じ補償内容でも複数の保険商品を一括比較することで、簡単に数万円安くできてしまう保険ですので、まずはその手順をご紹介したいと思います!下の保険証券をご覧くださいませ。

<< ○○損保 - 保険証券 >>

補償内容 補償額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 なし
人身傷害補償保険 5000万円
無保険車傷害保険 2億円
自損事故保険 車両保険に付帯
車両保険 一般車両
その他 本人限定・26歳以上補償・11等級・使用用途(通勤)・ゴールド免許割引・ロードサービス・弁護士費用・日常生活賠償(無制限)・レンタカー費用特約
年間保険料 82,670円

こちらは私が以前加入していた任意保険の保険証券です。保険証券とは加入している保険の補償内容が詳細に記録されたものです。乗っている車はトヨタのプリウス(型式:ZVW30)です。こちらの補償内容で保険料は年間82,670円でした。車を購入したディーラーに勧められた保険にそのまま加入していました。

補償内容の中から不要なものを削除することも保険料を安くする方法の1つですが、まずは単純にこちらと同じ補償内容で他の保険と一括比較してみたいと思います!

利用サイト ⇒ 自動車保険一括比較!
※ 手元に車検証保険証券があるとスムーズです。

こちらの一括比較サイトでは、最大22社の保険の中から自分が指定した補償内容に合致する保険会社5~6社へ一括で見積もりをとってくれます。5分程度の入力で終わります。もちろん無料で利用できますのでご安心ください。

そして待つこと数十秒、各保険会社から次々と年間保険料の見積もりがメールで送られてきます。

まとめますと、同じ補償内容で以下のような結果となりました。

A社 B社 C社 D社 E社
68,520円 71,820円 51,670円 82,750円 65,750円

人によって安くなる保険会社は異なりますので、あえてアルファベット表記にしています。

同じ補償内容で最も安いのがC社の年間51,670円でした。元々入っていた保険が年間82,670円ですから、年間保険料が82,670円 ⇒ 51,670円と差額31,000円も安くなりました!しかも車に乗り続ける限り毎年お得が続きます。たった5分の労力でです(笑)

私がたった5分で得した保険料年間31000円

正直なところ自動車保険を安くすることなんて、車の値引き交渉とは違いなんの交渉もいらないことなのでとても簡単なことなんです。しかしわずか5分の手間を惜しむ方が多いので、高い保険料を払い続けている方がほとんどであることも事実です。

ここまで読んでくださった皆様にはぜひお得な保険料で自動車保険に加入していただきたいので、ぜひ一括比較をして毎年安く保険に入りましょう!

特に私のように、ディーラーや販売店から紹介された自動車保険にそのまま入っている方は要注意です!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!TOPページでもご紹介しておりますが、私はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間31,000円(82,670円 ⇒ 51,670円)も保険料を安くすることができました!※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2015.6.19~ 自動車保険とことん比較! All Rights Reserved.