TOP > 自動車保険を比較で安く! > 自動車保険を比較して1番安い保険料を見つける方法!

自動車保険を比較して1番安い保険料を見つける方法!

1番安い自動車保険比較

近年、自動車保険には実に様々な商品が登場してきていますが、それだけに1番安い保険を見つけるのにはどうしたらいいのか迷われる方も多いことと思います。

同じように見えてそれぞれの自動車保険は異なる部分も多く、何より価格が非常に多様化しているのが最近の傾向となっています。

しかし、幸いなことに、今ではインターネットを駆使することにより、そうした悩みを簡単に解決させることができる時代になってきているのです。

自動車保険がどうしてこうした価格の異なる状況になったのか経緯をしっかり理解したうえで適切な方法を用いれば、手間をかけずお得な自動車保険の加入ができるようになるのです。

まずは自動車保険の現状と、その中でのその中での適切な商品選択の方法についてご紹介していきたいと思います。

リスク細分型自動車保険の適用が各社の保険料を変えるきっかけに

一昔前までの自動車保険は年齢による切り分けもかなり荒く、ある意味で年代ごとに保険金額が決まる、かなりラフな価格設定となっていました。人口は長年増加傾向にあったため事故率の高い若年層の加入料が高く、長く加入していれば年配になるにつれて加入料が安くなるといった一元的な価格体系が続いてきたのです。

しかし最近では少子高齢化に伴って高齢者世代の加入者も増えることとなり、実際に事故を起こす利用者と加入保険料に食い違いが発生するようになってきたことから、各加入者ごとにリスクレベルに応じて保険料が異なるリスク細分化保険へと料金体系が変わってきたのです。その結果加入者それぞれの条件によって保険料は大きく変化することとなったのです。

保険会社各社によって保険料に開きも

こうしたリスク細分化保険の適用により、各保険会社ではどの顧客に対するリスクをとるかによって保険料を変更させていくといった戦略変化がみられるようになってきているのです。

ある保険会社は加入のボリュームゾーンである40代をターゲットとして保険料を安く設定するようになっていますし、ほかの保険会社では50代がもっとも安くなるように加入料を設定するようになっているところもあるのです。

また事故率の高い60代以降は全社保険料が高く設定されるなど、横並びの部分と各社ごとの価格差が混在するようになってきており、自分の加入条件で個別に保険会社に見積もりをとってみませんと金額が安いのか高いのかはなかなか判断できなくなってきているのです。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

人物アイコン

自動車保険料の違いは加入者と加入車両の両面で決まる

自動車保険の算定基準はずばり加入者の年齢と加入対象となる車の2つの要素で大きくその金額が異なるものとなります。運転者の年齢や保険加入期間が大きく保険料に影響を与えるとともに、実際に乗っている車によってもかなりその保険料が異なるものとなるのです。

最終的な保険金額はこの2つの項目の掛け合わせによって算出されることになるのです。保険の補償金額の上限設定を変えることが保険料に影響を与えると考えるユーザーが多かったと思いますが、実はもっとも加入料に影響を与えているのは加入者の年齢とクルマの種類だったのです。

年齢による自動車保険料の差について

自動車保険は保険会社が規定した年齢ゾーンごとにその保険料が異なるものとななっています。自動車免許が取得できる18歳以上であれば特段年齢制限はありませんが、年齢区分によって料率が変わります。

また、この年齢区分は業界横並びで統一基準として実施されています。大きな区分としては全年齢(年齢問わずの保険)、21歳以上、26歳以上となっており、若年層が補償対象になるほど料率、つまり保険料は高いものとなっています。若者の事故リスクは高く、60歳以上の保険料も高齢者の事故増加を背景にして保険料は高く設定されるようになっています。

2011年4月の損保各社の値上げにともなって被保険者(契約者)の年齢区分がさらに細分化され、全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上40歳未満、40歳以上50歳未満、50歳以上60歳未満と60歳以上69歳未満、70歳以上に分けて全年齢を対象にして値上げされました。

とくに高齢者は長期間保険契約をしているノンフリート等級が高く、保険料が大幅に割り引かれているケースが多いため保険会社にとってはリスク分散化によるコスト負担の原則から大幅値上げとなっています。

この年齢条件の対象となる運転者の範囲は、記名保険者、および記名保険者の配偶者、同居の家族、保険者もしくは配偶者、同居人が営む業務に従事中の使用人と規定されています。したがって、運転者限定特約をつけますとさらに割引が適用になります。

自動車保険年齢区分の詳細
年齢問わずの保険料
21歳以上補償
26歳以上補償 主に運転する人の年齢 30歳未満
30歳~39歳
40歳~49歳
50歳~59歳
60歳~69歳
70歳以上

※ 出典元「損保協会」より

車両料率クラスとは?

自動車保険の保険料は、クルマの種類によってもその保険料に差がでるものとなっています。これは車両料率クラスと呼ばれ、クルマごとの型式によって設定された料率クラスというものが存在するのです。

この車両(型式別)料率クラスは対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者保険、車両保険の各項目に対して影響を与えており、どのクルマに乗っているかでかなり保険料が変わることになります。

各項目は1から9までの料率で割り振られ、1年ごとに数値が更新されています。数字は小さいほど保険料は安くなり、大きくなるほど保険料は高く設定されます。料率クラス最低の1と最高の9を比較しますと、約4倍の料金差となります。

また1から2に上がる程度は1.2倍ですが、5に上昇すると1.9倍、6が2.4倍、7で3倍といった形に上昇します。対人、対物、人身傷害、搭乗者、車両といった個別項目ごとの数値は必ずしも横並にはなっておらず、事故率は少なくても価格の高いクルマは万一の修理費用も嵩むことから車両保険の料率が高く設定されるようになっています。

下記のリストはその一部であり比較的価格の高いレクサスの一部車種をご参考までに事例として上げています。料率は各社共用しますが、それを受けての具体的な保険価格は保険会社ごとの判断で微妙に異なるものとなります。

また車両料率が9のランクであったり、車両価格が1000万を超えるモデルについては保険会社の独自判断で車両保険を引き受けないケースもでてきていますので、加入にあたっては引受け可能なのかどうかをしっかりチェックしませんとクルマを入れ替えてから保険をつけられないといった問題になることもありうるのです。

車両料率クラスの事例
メーカー名 車名 型式 25年度料率クラス
対人賠償 対物 搭乗者傷害 車両
レクサス CT ZWA10 4 4 4 6
レクサス GS GRL10 6 5 4 7
レクサス GS GRL11 4 4 4 7
レクサス GS GRL15 6 5 4 7
レクサス GS GRS191 5 4 3 6
レクサス GS GRS196 5 5 4 6
レクサス GS GWL10 6 5 4 7
レクサス GS GWS191 5 5 4 7
レクサス GS URS190 6 5 4 6
レクサス GS UZS190 6 5 4 7
レクサス HS ANF10 4 5 4 7
レクサス IS GSE20 4 4 4 6
レクサス IS GSE21 4 4 2 5
レクサス IS GSE25 4 3 4 5
レクサス IS F USE20 5 4 4 8
レクサス LFA LFA10 6 5 4 8
レクサス LS USF40 4 6 4 7
レクサス LS USF41 6 5 4 7
レクサス LS USF45 6 6 4 6
レクサス LS USF46 6 5 4 6
レクサス LS UVF45 5 6 4 7
レクサス LS UVF46 6 6 5 7

インターネットの普及が保険料比較と安い保険発見の救世主に

インターネットが普及するまではこうした複雑な自動車保険を様々に条件を変えて見積もりをとるということがかなり難しい状況が続きました。保険の代理店をある程度決めて見積もりを取っていくことになるため広範な保険会社から見積もりをとるのは難しかった上、同じ保険会社でもさまざまに設定条件を変えて金額を比較するということもかなり難しかったのが実情でした。

しかしインターネットの普及でほぼすべての保険会社がネット上で様々に加入条件を変えて保険の見積もり額をチェックすることができるようになっていますので、これを最大限利用することが安く自動車保険に加入するための大きな手段となるのです。

まず同条件で主要保険各社のサイトから見積もりを取得し、さらにその中でもっとも保険料の安い会社のサイトで条件を変化させてみて最良の加入条件を確認するという方法がお勧めとなります。

最近では多くの保険会社がネットでの加入割引を行っていますので、こうしたやり方はお得な保険を見つけるのにはかなり確実な方法となります。

手間をかけずに安い保険を見つけたいなら一括見積査定サイト利用がお勧め

ただし、このような保険会社のサイトに一社ごとに訪れて見積もりをチェックするのはかなり手間がかかります。そこでもっと簡単に比較できる方法となるのが自動車保険一括見積もり査定サイトです。

このサイトならばあらかじめ登録されている保険会社から条件にあった保険を提供する数社より一括で見積もりを取得することができますので断然簡単に保険料比較ができ、もっとも安い価格の保険会社もすぐに見つけることができるのです。

自動車保険の切り替えを考えるときには一度は試してみたいサービスといえます。見積もりはネット上ですぐ閲覧できる会社もありますし郵送で送ってくるところもありますが、いずれにしても短期間でもっとも安い保険料の会社を見つけることができますので、絶対お得です。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!TOPページでもご紹介しておりますが、私はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間31,000円(82,670円 ⇒ 51,670円)も保険料を安くすることができました!※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2015.6.19~ 自動車保険とことん比較! All Rights Reserved.