TOP > 自動車保険を比較で安く! > 子供(息子や娘)の自動車保険を比較で安くする方法

子供(息子や娘)の自動車保険を比較で安くする方法

子供の自動車保険

自動車保険料は契約内容や等級など様々な条件によって支払保険料に違いが生じますが、自動車運転免許を取得したばかりのドライバーを補償対象とした場合、保険料は基本的に「高額」です。

これは、初心者ドライバーの自動車運転歴が浅いために交通事故を起こすリスクが高いと判断されるためです。

とは言え、保険料が高いからといって自動車保険に加入していない状態で運転を行うリスクが高いのは言うまでもなく明らかです。

今回はこのような事情を解決するための方法を分かりやすくご紹介していきたいと思います。

「等級」が保険料の要!まずはここから解説します

冒頭でもご紹介致しました様に、初心者ドライバーを補償対象とした自動車保険料は高額です。この保険料を安くするためには原則として「等級」を上げていく他、自動車保険を利用しない事が主として挙げられます。

この等級とは分かりやすく説明するといわば「ドライバーランク」の事であり、大きな特徴として自動車保険を使わなければ「1年に1等級ずつアップ」自動車保険を使った場合は「3等級ダウン」といった仕組みになっています。

この等級は1等級から20等級までの20段階あり、初心者ドライバーの場合「6等級」からのスタートとなる点も重要なポイントです。単純計算になりますが、18歳で自動車運転免許を取得して最高等級の20等級になるまでは15年もかかる計算になります。

解決策は等級の引継ぎ!これに尽きる

前項では最高等級である20等級になるまで単純計算で15年もかかる事をご紹介致しました。自動車保険を毎年使わない状態で年月が経過したとしても、保険料が高額すぎるために短期・中期的に負担する自動車保険料はどうしても重くのしかかってしまいます。

そこで、この大きな保険料負担を解決するための方法が「等級の引継ぎ」です。等級の引継ぎとは両親が交通事故を起こさずに長年培ってきた等級(信用)を承継する(もらう事)を言います。

この結果、両親は初心者ドライバーと同様の6等級、子は最高等級の20等級といった逆転現象が起こります。読者の皆様の中には「ただ親と子の等級が逆になっただけでは?」と感じている方もおられると思います。

そこで、次項では、実際に逆転現象が起こった場合と起こらない場合の保険料にどの程度の差が生じるのかご紹介していきます。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

人物アイコン

比較検証イメージで一目瞭然!

以下の表は等級を引き継いだ場合と引き継がない場合のイメージ表になります。ここでは各種条件を設定せず、等級の引継ぎを行った場合と行わなかった場合のみで表しております。

等級の引継ぎを行わなかった場合のイメージ表

父親 20等級 子 6等級
年間支払保険料 40,000円 190,000円
合計 230,000円

等級の引継ぎを行った場合のイメージ表

父親 6等級 子 20等級
年間支払保険料 60,000円 90,000円
合計 150,000円

上記表を見ると等級の引継ぎを行った事で年間支払保険料に8万円もの差が付いているのが分かります。父親の負担増は2万円、子の負担減は10万円となり、等級の引継ぎを行った方が引継ぎを行わない場合に比べ家族全体の支払保険料が得であると判断されます。

たったこれだけの事でなぜこのような差が起こるのか?次項では考えられる理由について解説していきます。

なぜこのような差が起こり得るのか?考えられる4つのポイント

1.無事故・無違反によるゴールド免許割引効果

多くの損害保険会社ではゴールド免許所持者に対して自動車保険料の割引を行っております。極端な保険料の割引は見込めませんが、グリーンやブルー免許に比べて支払保険料が少なくて済む事が考えられます。

2.補償年齢を限定している

契約している自動車保険の補償範囲を狭くする程、支払保険料は安く済みます。例の父親は優良ドライバーである事を鑑みると、補償年齢や同居の家族のみ補償される契約などピンポイントに補償範囲を限定する事によって大幅な保険料の削減が見込まれます。

3.車両保険に加入しているか否か

車両保険は自分の自動車を修理するために必要な保険です。相手との交通事故などで自分の自動車を修理しなければならなくなった場合、その事故相手から修理費用が補償されますが足りない場合も十分考えられます。

また、単独で事故を起こして修理する場合には車両保険に加入していなければ原則として補償されません。このように幅広い補償が認められる車両保険ですが、付帯するかしないかで支払保険料は大きく異なります。

4.保険会社独自のサービスで他社との差別化を図っている

同居の子供を補償の対象に加えると、一般的には保険料が高くなります。それは、事故を起こす確率が高い「子供の年齢」にあわせた保険料になるから。しかし、運転頻度が高く事故率が低い傾向にある「親の年齢」にあわせた保険料を基本にする事で子供の運転を補償しながら保険料の上がり幅を抑える事ができるのです

「おとなの自動車保険ホームページ」より一部抜粋・引用

このように、それぞれの損害保険会社が独自の保険商品やサービスを顧客へ提供する事で支払保険料が安く抑えられる理由も考えられます。

つい等級の引継ぎだけで保険料の対策をしてしまいがちですが、それぞれの保険会社が販売している保険商品を比較検討し確認する事もおろそかにできないと筆者は考えます。

まとめ

「等級の引継ぎ」が自動車運転免許を取得した子供の自動車保険を安くする方法の1つである旨をご紹介させていただきました。

ほとんどのサイトでは子供の自動車保険を安くする方法として、等級の引継ぎについてのみピックアップしておりますが、4つのポイントのいちばん最後にご紹介した「保険会社独自のサービスで他社との差別化を図っている」部分を読者の皆様には意識していただきたいと思っています。

等級の引継ぎは条件を満たせばどの保険会社でも対応が可能ですが、例えば、おとなの自動車保険の様に独自のサービスと価格はそれぞれの損害保険会社によってすべて異なります。

保険料の安さも補償の質もどちらもおろそかにする事ができないからこそ、保険会社それぞれを調べて商品を比較検討する必要があると筆者は考えます。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!TOPページでもご紹介しておりますが、私はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間31,000円(82,670円 ⇒ 51,670円)も保険料を安くすることができました!※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2015.6.19~ 自動車保険とことん比較! All Rights Reserved.