TOP > 自動車保険を安くする方法 > 即効で自動車保険を安くする3つの手順!

即効で自動車保険を安くする3つの手順!

自動車保険安くする方法

自動車を所有しているご家庭にとって、一番削減したい費用と言えば『自動車保険料』ですよね。

例えば、月2万円を自動車保険料に支払っている場合、年間24万円もの出費をしていることになります。

このようなことを踏まえると、「事故をしていないのに大金を支払うのは無駄だ」と感じられている方が多いのも、仕方がないのかもしれません。しかし、ただ闇雲に保険料を安くしてしまうと、いざという時に「保険がおりない!」なんてことも。

自動車保険を利用する目的は、”リスクを補完すること”ですから、そのようなことは絶対避けなければなりません。

今回はリスクを最小限にして、簡単に保険料を安くする3つの手順をご紹介していきたいと思います。

1.まず保険料が何を元に決まるのかを知ること

保険料を安くする前に知っておかなければならないのは、”何を基準に保険料が決まっているのか”ということです。代表的な算定基準となるものを下記にまとめましたのでご覧下さい。

自動車保険の算定基準まとめ
契約者のノンフリート等級 運転者の免許証の色
所有している自動車の事故割合 家族運転者の範囲
自動車の年間走行距離と利用目的 補償内容と補償範囲
運転者の年齢 オプション特約

上記の中で保険料を安くするために変更できるのは、赤字の項目です。どのように変更するか、1項目ずつ変更するコツを簡単に解説します。

家族運転者の範囲

家族運転者とは、主な運転者と家族関係にある運転者のことを指します。家族運転者の範囲を広げて、若年運転者も補償範囲に入っている状態だと保険料が高くなります。 運転者を利用者のみに限定することで、保険料を抑えることができます。

補償内容と補償範囲

補償内容と補償範囲とは、どのようなケースでどのような範囲まで補償されるか、という項目です。例えば、人身傷害の補償を3,000万円から、1,500万円までに変更することで、年間7,500円の節約となるケースもありました。

ただ、この項目は補償に直結するため、変更する時は注意が必要ですが、疑問に思ったことは自動車保険会社に直接問い合わせて相談すると良いでしょう。

オプション特約

特約とは、基本契約に付加することで、補償内容の充実や、保険料の削減など、様々な効果を発生させるものです。

実は、基本契約と補償範囲が重なっている場合も多く、また、知らない間に付帯されているものもあります。上記の2項目よりも簡単に保険料を削減できますが、個々の削減金額としては小さいものが多いです。

上記の全ての項目に共通して注意することは、『変更した補償内容を記憶しておくこと』です。記憶しておかなければ、「保険が下りると思っていたけど、下りなかった」、なんてことに繋がる可能性がありますから、分かり易くメモを取るなどして、必ず記憶しておいて下さい。

2.「通販型自動車保険」に乗り換えること

簡単に自動車保険料を安くする手段として最も効果が大きい方法は、『通販(ダイレクト)型自動車保険』に乗り換えることです。代理店型自動車保険の保険料より、通販型自動車保険の保険料が安くなる理由は、保険を運営するための仕組みに違いがあるからです。

分かり易く説明すると、保険料は『純保険料』と『付加保険料』の2つから成っています。 純保険料とは事故などが起こった際、契約者に支払われるための準備金などが含まれています。 この項目はどの保険会社も節減することができない部分です。

それに対し付加保険料は、保険会社の運営費、人件費、広告費などが含まれています。 つまり、代理店型自動車保険は、代理店に対して多くの費用を支払わなければなりませんが、通販型自動車保険はこのような費用が丸ごと削減できるため、保険料が大幅に安くなるのです。

また、「プラン内容を変えずに、保険会社だけを変えたい」といった方でも、大きな節約効果を期待することが出来ます。

実際に乗り換える際には、多数の保険会社を比較・検討する必要があるため、1社ずつ見積もりをとっていたのではすごく手間がかかってしまいます。そこで、比較検討する際には、インターネット上で一括見積りすることができるサービスを利用しましょう。

そうすることで、見積もりに掛かる手間を大幅削減することができます。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

人物アイコン

3.車両保険の補償範囲を変更すること

自動車保険で一番高額と言われる補償項目が『車両保険』です。 車両保険とは、事故などで自己車両が損害を被った際に、損害程度に応じて保険料が支払われるものです。

車両保険は各社様々なプランがあり、その中で保険料に差が出る2つのポイントと、見直す際の要点を解説したいと思います。

保険料に差が出る2つのポイント

  • ポイント1:自損事故でも保険がおりるかどうか
  • ポイント2:他物の飛来や落書き、ガラス破損でも保険がおりるかどうか

1つ目のポイント

自損事故とは、運転者の操作ミスなどの要因により、単独で事故してしまうことを指します。よく間違われることが多いのですが、全ての車両保険が自損事故の補償をしているわけではありません。

つまり、補償範囲を”車と車”の事故に限定するだけで、車両保険が大幅に安くなることがあるのです。このような車両保険を、『車対車特約付車両保険』といいます。

一般の車両保険を『車対車特約付車両保険』に変更しただけで、年間4万円以上の節約に繋がったケースもあるほど、効果は大きいです。

2つ目のポイント

簡単に解説するために、例を挙げて説明します。例えば、「仕事から帰ってきて自宅駐車場に駐車していたら、車の全体に落書きをされてしまった」というようなケースです。このようなケースは犯罪ですし、愛車を大事にしている方ほど腹立だしいですよね。

しかし、限定的な補償範囲の車両保険プランであれば、このようなケースで保険を使うことができませんから、自費修理となってしまうのです。

このようなことを知ってしまうと、「車両保険は全ての補償をつけておきたい!」と思われるかもしれませんが、車両保険の補償範囲を限定しても上記のようなリスクを低減する方法があります。

それは愛車に『セキュリティ装置』を取り付けてしまう、という方法です。最近の自動車セキュリティ装置は、安価かつ高性能となっています。

例えば、本体にGPSが内蔵されていて、盗難に遭って自宅から一定距離離れると、携帯電話にメールが来る、といった機能を持つものや、誰かが近づくと近所迷惑にならない程度の警戒音を発するものなど、多種多様なものがあります。

つまり、上記のようなセキュリティ装置を愛車に取り付けた上、車両保険の補償範囲を限定することで、最小限のリスクで最大の効果を生むことも出来るのです。

車両保険の見直しをする際は、上記2つのポイントを参考にしてみて下さい。

4.まとめ

いかがでしたか?

自動車保険料は家庭の固定費ですから、お悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。自動車保険料が年間3万円安くなるだけでも月々2,500円の節約になりますから、”自動車保険を見直す”ということの価値は非常に大きいものだと思います。

ただ1つ、自動車保険を見直す上で気を付けて頂きたいことは『しっかりリスクがカバーできていること』です。 しっかりポイントを押さえて、快適なカーライフを実現しましょう!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!TOPページでもご紹介しておりますが、私はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間31,000円(82,670円 ⇒ 51,670円)も保険料を安くすることができました!※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

Copyright(c) 2015.6.19~ 自動車保険とことん比較! All Rights Reserved.