TOP >

自動車保険とことん比較!

自動車保険を比較で安く!

自動車保険任意保険)はもしもの時のためにほとんどの方が加入する保険ですが、保険料は年間数万円から十数万円ほどかかる大きな出費です。

しかしもし人をひいてしまったり高価なものを壊してしまったりすると何億円という賠償金を支払わなければいけないので、加入しないという選択肢はあり得ません。

そのため自動車保険料は保険の中でも安くしたいと思う人が多い保険かもしれませんね。

自動車保険には、代理店型と通販型(ダイレクト型)とありますが、ほとんどの方が代理店型に加入しています。

代理店型というのは、車を購入した販売店が紹介する自動車保険のことで、購入と同時に加入手続きもできますので、手間がかからず一見良いようにも思います。

しかし代理店型の最大のデメリットは高い!ことです...。

同じ補償内容でも通販型と数万円違うことも多く、私たち加入者からするととても損なのです。

でも保険料が高い分、事故時の対応や販売店との連携もうまくいくんじゃないの?という意見もあります。

販売店も「代理店型の方が対応もしっかりしていますよ~。」と言ってきます。

でも私自身、代理店型、通販型のどちらにも加入したことがあり、事故も2度経験しましたが、代理店型だからといって特別対応は良くありませんでした。

私自身代理店型に加入していた時は、高いお金を払っているんだから事故時の対応も良いものだと思い込んでいたのですが、実際カスタマーの人間が対応するので、代理店型だろうが通販型だろうがどちらでもほとんど変わりません。

電話にでた担当者の力量が最も大きいと思います。

ですので、私自身の経験からすると、代理店型を選ぶメリットがないので、どうせ同じ補償内容であれば安い通販型を選んだわけです。

安い自動車保険はほとんどが通販型になりますが、自動車保険比較サイトを利用することでその中でも最も安いところを見つけやすくなります。

それでは私が実際に自動車保険を比較して安くした方法をご紹介したいと思います。

保険を比較したらたった5分で保険料が3万円も安くなった!

自動車保険を安くした体験記

まずは自動車保険比較サイトを使って複数の保険会社に見積もりをとります。

手元に「車検証」か「保険証券」があるとスムーズに入力できます。ものの5分もかからないと思います。

私が希望する補償内容は以下です。

私が見積もりをとった希望の補償内容

<< ○○損保 - 保険証券 >>

補償内容 補償額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害補償保険 5000万円
搭乗者傷害保険 なし
車両保険 一般タイプ
運転者の範囲 本人限定
等級 11等級
使用用途 日常・レジャー
その他 ロードサービス・弁護士費用・日常生活賠償(無制限)・レンタカー費用特約
年間保険料 82,670円

こちらは私が以前加入していた自動車保険の保険証券です。保険証券とは加入している保険の補償内容が詳細に記載されたもので、郵送で紙で送ってくるかネットで見ることもできます。

乗っている車はトヨタのプリウス(型式:ZVW30)です。こちらの補償内容で保険料は年間82,670円でした。車を購入したディーラーに勧められて加入した代理店型の自動車保険です。

補償内容の中から不要なものを削除することも保険料を安くする方法の1つですが、まずは単純にこちらと同じ補償内容で一括見積りしてみました。

そして待つこと数十秒、各保険会社から続々と年間保険料の見積もり結果がメールで送られてきます。

見積もり結果をさらに比較する

8社から見積もり結果が送られてきたのですが、その内5社を抜粋しました。

※保険会社の名誉のため、社名は伏せています。

               
保険会社 年間保険料
A社 68,520
B社 71,820
C社 51,670
D社 82,750
E社 65,750

実際にやってみるとわかりますが、同じ補償内容でも保険会社によって保険料に差がかなりあるということがわかります。

同じ補償内容で最も安いのがC社の年間51,670円でした。

元々入っていた保険が年間82,670円ですから、年間保険料が82,670円 ⇒ 51,670円と差額31,000円も安くなりました!たった5分の労力でです(笑)

私がたった5分で得した保険料年間31000円

正直なところ自動車保険を安くすることなんて、車の値引き交渉とは違いなんの交渉もいらないことなのでとても簡単なことなんです。

しかしわずか5分の手間を惜しむ方が多いので、高い保険料を払い続けている方がほとんどであることも事実です。

保険料を比較する際に気を付けること

保険料を比較する際なのですが、実は自動車保険比較サイトでわかる保険料というのはあくまでも概算(目安)です。ですから、実際に加入する際は多少前後することがあります。

ただ、一括で見積もりをとることで、自分の条件で安くなる保険がわかりますし、その内3社ぐらいに直接見積もりをとれば、さらにお安くなる可能性もあります。

後は、保険会社によって補償内容が微妙に異なる場合があることです。

対人、対物、車両保険など基本的なところはだいたい同じなのですが、例えば、ロードサービスが何kmまで無料だとか、付帯してくるサービスの細かい部分なんかです。

こういったところは自分でよく見て比較するしかないので、特に注意しましょう!

最後にこんな人はすぐに保険を比較した方がいい人

今自動車保険に加入している人で、比較することでほぼ確実に保険料が安くなる人は下記のような人です。

  • 代理店型の自動車保険に加入している人
  • 補償内容を変更しようと思っている人
  • 年齢が20歳、25歳、29歳の人
  • 長い間保険を見直してない人
  • 満期を迎える人
  • 今の自動車保険が高いな~と思っている人

このような人は、今よりも保険料が安くなる可能性が高いので、一度自動車保険一括比較!を利用してみることをお勧めいたします。

代理店型の自動車保険は前述したとおりですが、補償内容や年齢条件を変更する際、今の保険のままでも安くなることがあります。しかし他社の保険であればもっと安くなる可能性があるのです。

保険は変更しても等級は引き継がれますし、満期のタイミングで乗り換えれば無駄な費用は発生しません。

ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.