TOP > 1日自動車保険 > ドコモ、au、SoftBankのスマホで契約する「ちょいのり保険」とは?

ドコモ、au、SoftBankのスマホで契約する「ちょいのり保険」とは?

執筆者
須藤 公保 ファイナンシャルプランナー:須藤 公保
ちょいのり自動車保険

「ちょいのり保険」は、東京海上日動火災保険が提供する、車を借りる人が1日単位で加入できる便利な自動車保険です。

「ちょいのり保険」への加入は、一般的な自動車保険と違い携帯電話会社を通じて、事前登録→申し込み→契約締結まで、一括して行うことができます。従来の代理店窓口や訪問による契約、通信販売による契約はできません。

携帯電話やスマートフォン(以下;スマホ)などを利用して、指定された携帯電話会社の専用サイトにて手続きをします。

この記事では、「ちょいのり保険」の概要、申し込みができる携帯電話会社と申込時に必要なもの、注意点などを合わせてご案内して参ります。

1.携帯電話からカンタンに加入できる「ちょいのり保険」とは?

はじめに「ちょいのり保険」の保険料プランと補償内容を見てみましょう。

保険期間:1日 基本補償プラン 車両補償ありプラン(※)
保険料 500円 1,500円
対人賠償 保険金額
単位:円
無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
搭乗者傷害
(一時金払)
1,000万 1,000万
自損事故傷害 あり あり
車両復旧費用 なし 300万
(免責15万)
車両運搬費用 15万 15万
その他のロードアシスト あり あり

※ドコモ ワンタイム保険「1日自動車保険」サイトより引用

(※)事前登録後、初回申し込み日から8日目以降より利用できます。

補償プランは2つのみとなっており、基本補償のみ、または車両補償付きで選ぶようになります。保険料も、それぞれ500円と1,500円だけですから、安くて加入しやすいのがポイントです。

「ちょいのり保険」は、携帯電話会社のサイトからのみ契約が可能となっています。また利用できる携帯電話会社は、ドコモ・au・SoftBankの3大キャリアに限られています。

携帯電話会社を通じて販売される「ちょいのり保険」は、24時間365日いつでも、どこからでも契約が可能になるので、緊急に他人の車を借りて運転するようなときでも利用することができます。

代理店や通販の保険会社に頼らず、3大キャリアの携帯サイトに直接アクセスしてその場で契約ができることのメリットは大きく、何より安心です。

契約はドコモ・au・SoftBank の3大キャリアにて対応

各社とも「ちょいのり保険」専用のサイトを用意しており、容易に事前登録から申し込み、契約締結までできるようになっています。

ドコモでは、SPモードとネットワーク暗証番号が必要に!

ドコモから申し込む際は、SPモードの契約とネットワーク暗証番号が必須となっています。既にスマホを利用している場合、両方共、契約と設定がされているとは思いますが、不明の人は、ドコモへの確認を行っておくと安心です。

SIMフリーのスマホからも申し込みできる?

SIMフリー携帯でもドコモの場合SPモード契約がされていれば、利用可能です。

ドコモ、au、SoftBankの3社から「ちょいのり保険」専用サイトにて事前登録をしておけば、いざというときに申し込みでトラブルになることを避けることができます。

事前登録は、運転者本人を確認するために1度だけ必要となります。無料で登録できるので、利用の予定がある人は、前もって手続きしておくことをお勧めします。

ドコモ・au・SoftBank以外から申し込みできる?

現在のところ、ドコモ・au・SoftBankが提供している、専用サイトからの申し込みのみとなっています。したがって、3社以外から申し込みすることはできません。

なお、代理店が提供する「ちょいのり保険」の加入案内サイトからも、上記の携帯電話会社を通じて契約手続きを行っています。

2.ドコモ・au・SoftBankに対応、申込時に必要なものと注意点は?

「ちょいのり保険」にスマホから加入手続きをするときには、いくつかのポイントがあるので、予め知って準備をしておけば手続きの際に手間取る心配もなくなります。

運転免許証と借りる車のナンバーを用意しておく

「ちょいのり保険」では、都道府県の公安委委員会が発行する自動車運転免許証の保有者が被保険者として契約することができます。外国の国際免許証などの保有者では、契約できません。

事前登録時に本人確認も兼ねた、運転免許証の番号入力などがあるので入力の誤りに注意して下さい。契約申込時には、借りる車の登録番号(プレート番号)が必要なので、申込時には準備しておきましょう。

Wi-Fiやテザリングでの通信はダメ!

「ちょいのり保険」の専用サイトでは、事前登録から申し込み、契約についての手続きには、携帯電話のキャリア通信網を利用して接続が必要です。

したがってWi-Fiや他のインターネット接続機器からのテザリング等によるインターネット接続では、手続きを行うことができませんのでご注意下さい。

申し込みの始めから確定まで30分以内に済ませる

通常入力内容は、5分程度で作業が完了します。申し込み手続きの入力作業は、30分以内に済ませましょう。セキュリティの都合上、30分を超えると自動的に手続き画面からログアウトするので、ご注意下さい。

3.スマホとタブレットはAndroidとiOSに対応、Windows Phoneも使える?

スマホとタブレットは、ドコモ・au・SoftBankで利用できる機種

iPhone、iPadなどのiOS、AndroidOSのスマホ、タブレットの多くに対応します。

電話回線への接続が必要になるので、タブレットでは、SIMの装着が可能なセルラー対応型が必須です。したがって、Wi-Fiのみのタブレットでは、申し込み等ができません。

WindowsとWindows Phoneは使えない!

タブレット型のWindowsやWindows Phoneは、いずれも利用できません。

4.申し込みできるのはスマホだけ?携帯電話(ガラケー他)も使える?

ここまでスマホでの申し込みを中心に見てきましたが、もちろん一般的に「ケータイ・ガラケー」とも呼ばれている携帯電話からも、申し込み・契約手続きは可能です。

ガラケーやケータイからも申し込みできる!

ドコモ・au・SoftBankの携帯電話から「ちょいのり保険」専用サイトに接続することで、手続きできます。いわゆる、ケータイ・ガラケーと呼んでいる多くの機種で対応しています。

対応しているかどうかは、事前登録できるか試してみればわかるので試してみましょう。

スマホ同様、Wi-Fiやテザリングは不可!

電話回線からの接続申し込みが必須です。Wi-Fiやテザリングなどからの接続では申込みできません。

5.まとめ、「ちょいのり保険」契約時のポイント!

ポイント

  • プランは、基本補償のみ(500円)と車両補償あり(1,500円)の2通りある
  • 加入はスマホ・携帯電話の専用サイトから、ドコモ・au・SoftBankの3大キャリアにて、24時間365日受付、申し込みができる
  • 申し込み前に「ちょいのり保険」専用サイトにて被保険者の事前登録を行う
  • 事前登録・申し込み時には、携帯電話回線を利用したデータ通信の必要
  • Wi-Fiやテザリングなどによるネット接続では、申し込みできない
  • 申込時に有効な運転免許証と借りる車の登録番号が必要
  • 使えるスマホ・タブレットは、Android OS対応品の他、iOSのiPhone、iPadが利用できる
  • 従来からの携帯電話も専用サイトにアクセスして申し込みすることも可能
  • サイトのセキュリティにより、手続きは30分以内に行う

車を借りると決まったら、まず事前登録して保険加入に備えておきましょう!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

ただいまキャンペーン中

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.