TOP > 自動車保険業界 > 自動車保険3メガ損保比較!

自動車保険3メガ損保比較!

執筆者
佐藤 元宣 ファイナンシャルプランナー:佐藤 元宣
3メガ損保

自動車保険選びで重要視するポイントとして「価格」「補償内容」「ブランド」などが主に挙げられると思われます。

たとえば、自動車好きの男性のみに着目した場合、価格や補償内容よりも「自動車メーカー=ブランド」を最初から決めている方もめずらしくありません。

自動車保険を使わないことが最も望ましいことはいうまでもありませんが、万が一、起こしてしまった自動車事故において、総合的な事故対応が以後の継続契約に結びついている大きな要因でもあります。

一方で、事故を起こさない優良ドライバーの立場からすると選択肢が「価格」や「ブランド」を優先してしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、自動車保険を取り扱う「3メガ損保」を対象にいったいどのような部分に違いがみられるのか検証していきたいと思います。

1. 3メガ損保とは

3メガ損保とは、大手損害保険会社3社のことをいい「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」「東京海上ホールディングス」を指します。

これらの3メガ損保にはそれぞれグループ会社が存在しますが、詳細は以下のとおりです。

3メガ損保とグループ会社の一覧表

損保ジャパン
日本興亜ホールディングス
MS&ADインシュアランスグループホールディングス 東京海上ホールディングス
損保ジャパン日本興亜 あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動火災
そんぽ24 三井住友海上火災 日新火災海上
損保ジャパンDIY生命 三井ダイレクト損保 イーデザイン損保
セゾン自動車火災保険

3メガ損保のグループ会社を上記表へまとめてみましたが、オレンジ色で塗りつぶした保険会社でダイレクト自動車保険の契約をしているという方も多いのではないでしょうか。ダイレクト自動車保険で有名な各社は、実は大手損害保険会社のグループ会社であったことが一覧表からわかります。知らず知らずのうちに大手損害保険会社の自動車保険に加入していたと言っても過言ではないでしょう。

2. 3メガ損保の主要ダイレクト自動車保険の補償内容まとめ

ここからは、前述した3メガ損保における主要ダイレクト自動車保険の補償内容をまとめてご紹介していきます。

3メガ損保における主要ダイレクト自動車保険と補償内容

損保ジャパン
日本興亜ホールディングス
(セゾン自動車火災保険)
MS&ADインシュアランスグループホールディングス
(三井ダイレクト損保)
東京海上ホールディングス
(イーデザイン損保)
対人賠償保険 対人賠償保険 対人賠償責任保険
対物賠償保険 対物賠償保険 対物賠償責任保険
人身傷害保険 人身傷害保険 対物超過修理費用補償特約
無保険者傷害特約 搭乗者傷害保険 搭乗者傷害保険
自損事故傷害特約 無保険者傷害特約 人身傷害補償保険
搭乗者傷害特約 自損事故傷害特約 女性のお顔手術費用特約
車両保険 車両保険 育英費用特約
車両全損修理時特約 レンタカー費用特約 入院時諸費用特約
事故時代車費用特約 ファミリー傷害特約 車両保険
車両新価特約 弁護士費用補償特約 車両新価保険特約
車両無過失事故
に関する特約
ファミリーバイク特約 車載身の回り品補償特約
ロードアシスタンス 安心のロードサービス 車両全損時諸費用特約
弁護士費用特約 事故時レンタカー費用特約
個人賠償責任特約 ファミリーバイク特約
ファミリーバイク特約 弁護士費用等補償保険
車両身の回り品補償 他車運転危険補償保険
自損事故傷害保険
無保険者事故傷害保険

出典 各保険会社のホームページより補償内容を引用し筆者作成

3メガ損保は、複数のグループ会社が含まれていることを前項で確認することができましたが、それぞれの会社では主要なダイレクト自動車保険が存在します。

損保ジャパン日本興亜ホールディングスの「セゾン自動車火災保険」、MS&ADインシュアランスグループホールディングスの「三井ダイレクト損保」、東京海上ホールディングスの「イーデザイン損保」はダイレクト自動車保険の中でも知名度が高く、多くのドライバーに選ばれている自動車保険であると言えるでしょう。

次項では、これらのダイレクト自動車保険の違いについて検証していきます。

3. FPが3メガ損保の違いを検証してみました

ここでは、前項でご紹介した3メガ損保における主要ダイレクト自動車保険と補償内容の一覧表から主な違いについて検証していきます。

あらかじめ最初に説明しなければならないことは、補償名称が違っていたとしても補償内容の同じものが多数あるといった点です。

たとえば、対人賠償保険と対人賠償責任保険、対物賠償保険と対物賠償責任保険などがこれにあたります。

補償や特約の数にはそれぞれに違いがあるものの、車両保険、弁護士費用特約、ファミリーバイク特約など3メガ損保で共通した内容が多く見受けられるのも特徴の1つでしょう。

補償や特約の数が多ければ決して良いといったわけではなく、あくまでもご自身が求めている補償内容や保険料が最終的な決め手になる場合がほとんどだと考えます。

もちろん補償や特約が1つでも多い方がより補償の厚みが増し、選択肢が広がる要因になるわけですが、その分、支払保険料も上昇することになります。大切なのは、補償内容や価格をしっかりと確認することであるといえます。

ちなみに、同サイト上に「プロFPによる○○保険会社の○○自動車保険徹底評価」といった内容の記事が公開されており、そこで3メガ損保の主要なダイレクト自動車保険についてより詳しく知ることができます。

こちらの記事を読んだついでに合わせてチェックしてみることをおすすめします。

4.まとめ

今回は、3メガ損保やその主要なダイレクト自動車保険の補償内容を中心にご紹介しました。
まったく同じ補償内容で契約をした場合においても、自動車ドライバーを含め、それぞれの家族状況や保険会社によって支払保険料はすべて異なる結果となります。

前述させていただきましたように、自動車保険の特徴をそれぞれの保険会社ホームページや同サイト上に公開されている徹底評価記事で内容を確認し、支払保険料にどのくらいの差額が生じるのかシミュレーションすることで、より納得した自動車保険に加入できると筆者は考えます。

仮に悩んだりわからない場合はFPなどの専門家へ相談してみるのも一策でしょう。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.