TOP > 自動車保険を比較で安くする方法

自動車保険を比較で安くする方法

自動車保険料比較画像
執筆者
三原 由紀 ファイナンシャルプランナー:三原 由紀

こちらのページでは、自動車保険料を他社比較して安くする方法を解説しておりますが、大切なのはまずはご自分の希望条件での保険料を出し揃えることですので、 こちらから一度見積もりをとってみて、いったいいくらで加入できるのか把握しておきましょう!

キャンペーン中!!

安いと噂の自動車保険20社比較してわかった最安値はココ!

近年、自動車保険には実に様々な商品が登場してきていますが、それだけに1番安い保険を見つけるのにはどうしたらいいのか迷われる方も多いことと思います。

同じように見えてそれぞれの自動車保険は異なる部分も多く、何より価格が非常に多様化しているのが最近の傾向となっています。しかし、幸いなことに、今ではインターネットを駆使することにより、そうした悩みを簡単に解決させることができる時代になってきているのです。

自動車保険がどうしてこうした価格の異なる状況になったのか経緯をしっかり理解したうえで適切な方法を用いれば、手間をかけずお得な自動車保険の加入ができるようになるのです。まずは自動車保険の現状と、その中でのその中での適切な商品選択の方法についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む

18歳~20歳の自動車保険を安くする5つの方法を比較!

自動車保険の加入の中でもっとも割高なのが18歳から20歳の新規の保険加入です。これは統計的に免許取立てのこの世代の事故率が極めて高く、また重大事故を引き起こすリスクが高いからで、保険会社にとっては残念ながらもっとも積極的に引き受けをしたくない世代となります。

したがって新規加入はどの保険会社をつかっても安くなりにくいことから、相当な工夫をしませんと保険料は安くならないもののひとつといえます。

まず、家族がすでにクルマに乗っていて保険に加入している場合にはそれをうまく使うという方法があげられます。実は単独での新規加入では如何ともしがたいものになるのですが、こうした家族の既加入の保険を利用すればかなりお得な保険料にすることができるのです。

続きを読む

親の高い等級を子供に引き継いで保険料を大幅に安くする方法

自動車保険料は契約内容や等級など様々な条件によって支払保険料に違いが生じますが、自動車運転免許を取得したばかりのドライバーを補償対象とした場合、保険料は基本的に「高額」です。

これは、初心者ドライバーの自動車運転歴が浅いために交通事故を起こすリスクが高いと判断されるためです。

とは言え、保険料が高いからといって自動車保険に加入していない状態で運転を行うリスクが高いのは言うまで...

続きを読む

スポーツカーの自動車保険を比較で安くする方法

自動車保険の中でも「スポーツカー」の保険料は通常のエコカーなどにくらべて、きわめて高いものになっています。

保険会社からの保険引き受け視点でみますと、スポーツカーには2つの大きなリスクがあると見られているのです。ひとつは全体として自損、対物、対人を含めて事故率が高いということです。

国内では物理的に高速で走れる機会は限定されていますが、公道で無理をして走行する峠族などが好んで選択するクルマなどは、その類別全体として事故リスクの高いクルマとして認識されていることから、保険料は当然高くなってしまいます。

こうした高い保険料のクルマかどうかは業界で公表されている「車両料率」(参考:車両料率クラスとは?)をチェックしてみますとすぐわかります。

この車両料率は1から9まで設定されており、過去の統計から事故率の高いクルマはどの保険会社でも高い保険料となっています。

またもうひとつの問題としては、事故が起きたクルマの修理代が高くつくという視点があります。たとえばBMWやフェラーリのようなクルマは購入価格も高くなりますが、まさかのときの事故を起こしたときにも修理代が高くつくことから保険会社にとっては好ましい存在ではないのです。

もともとこうしたことがスポーツカーの保険にはついてまわっていますので、相当努力をしていきませんと、通常のエコカーやファミリーカーのように簡単に安い保険を見つけることはできないことになり、保険加入にはそれなりの工夫が必要となります。

続きを読む

私が自動車保険料を比較して3万円安くした証拠画像と解説

こちらのサイト運営者である私は、現在フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントという車種に乗っています。

今(記事執筆時2017年6月)からちょうど3年前の2014年6月に正規ディーラーにて新車で購入しました。

現在加入している自動車保険は、車を購入した正規ディーラーに勧められてそのまま加入した自動車保険M社です。(ネガティブキャンペーンだと思われたくないので、具体的な社名はふせさせていただきます。)

続きを読む

保険料が安くなる自動車保険の割引制度を比較

自動車保険には、加入するときにクリアできる一定条件があれば割引契約を結ぶことができるものがあります。その割引契約は大きく分けて2つに分類されます。

ひとつは加入者の属性や条件に依存するものであり、もうひとつは、補償の対象となるクルマに搭載される安全装置機能から割引が認められるものです。

全体としてはクルマの安全装置よりも加入者自身の属性情報によるもののほうが割引率は大きくなる傾向にあります。

今後自動運転が普及するとこうした割引判断がどうなっていくことになるのか関心が高まりますが、今のところは安全なクルマよりも運転する人間のリスクのほうを保険会社はあきらかに重視して保険料を設定していることがわかります。

続きを読む

必見!比較でわかる自動車保険が安くなる年齢

自動車保険料比較年齢

自動車の運転には、反射神経や運動神経といった能力が求められます。一般的に、これらの能力は若い人ほど優れています。

しかし、その反面、能力を過信して無謀運転をおこなったり、社会人としての経験不足からくる「身の程知らず」な振る舞いをしたり、大人としての責任感が欠如した行動をするといった短所も持っています。

加えて、運転技能は経験を重ねるごとに上達していくものですし、安全に対する意識は、交通事故や交通違反による処罰や制裁といった、あまり好ましくない経験をすることによって培われていくという側面もあります。つまり、端的に言うと、「若い人ほど交通事故を起こしやすい」と言えるわけです。

続きを読む

自動車共済とは?一般的な自動車保険との違いを徹底比較!

自動車に付ける補償(保障)と言えば、「自動車保険」を想像する人が多いと思います。しかし「自動車共済」や「マイカー共済」というような共済も、選択肢の一つとして考えられます。しかし多くの方は共済がどういう仕組みなのか? 誰でも入れるのか? 色々疑問が沸いてくるのではないでしょうか?

続きを読む

自動車保険の使い方(少額請求)で保険料を安くする方法

自動車保険料を大きく削減したいと考えるのは、みなさん当然のことだと考えます。

たとえば、ダイレクト自動車保険で契約したり、多くの割引を適用するなどさまざまな保険料の削減方法があります。

これらの方法は、すでにほとんどの人が知っていたり、実行したりしている場合が多いと考えますが、実はこれらの他にも自動車保険の使い方によって保険料を安くする方法があるのですが、みなさんはご存じでしたでしょうか?

一般的にはあまり知られていない方法であり、知られない理由についてあくまでも私の憶測になりますが明らかにしていきたいと思います。すべての人に効果が認められる方法ではありませんが、参考までに覚えておくといざといった時には役に立つことと思います。

続きを読む

自動車保険の補償の重複を見直して保険料を節約する方法

毎年やってくる自動車保険の更新。書類に印字されたいくつかのプランを見ながら、「少しでも自動車保険を節約したい、でも必要な補償を削ることはできないし…」とお悩みの方も多いと思います。

自動車保険は安心して運転するために欠かせないもの。近年はその補償内容は幅広くなり、車の中にいるときはもちろんのこと...

続きを読む

18歳(10代)が1番安い自動車保険ランキング

自動車保険では、18歳~20歳のドライバーがいる場合の保険料がもっとも割高になります。この年代の方は運転免許をとりたてということもあって、事故リスクが高いとみなされるからです。

ダイレクト型の自動車保険でも年間20万円以上、代理店型では50万円ちかくかかることも少なくありません。そのた...

続きを読む

21歳(20代)が1番安い自動車保険ランキング

多くの自動車保険では、21歳から「21歳以上補償」という年齢条件に変更できるため、20歳までに比べると保険料はだいぶ安くなります。

18歳~20歳までの保険料は、年間20万円以上かかるところが多いのですが、21歳になるとダイレクト型の自動車保険なら年...

続きを読む

26歳(20代)が1番安い自動車保険ランキング

26歳という年齢は、自動車保険の保険料が大きく下がるタイミングの1つです。それは、多くの自動車保険に「26歳以上補償」という年齢条件があるためで、これが適用されると、25歳以前よりも年間3万~5万ちかく安くなることも少なくありません。

また年齢的にも、無事...

続きを読む

30歳(30代)が1番安い自動車保険ランキング

30代になると事故リスクもだいぶ下がってくるため、20代までに比べると自動車保険料はかなり安くなります。

最近人気のダイレクト型自動車保険であれば、車両保険をつけても年間30,000円台で済むところが多いですし、代理店型でも50,000~60,000円で収まることが多いでしょ...

続きを読む

40歳(40代)が1番安い自動車保険ランキング

40代は事故リスクが低いため、自動車保険料はぐっと安くなります。とくにノンフリート等級が20等級でゴールド免許になっていれば、かなりリーズナブルな金額になるでしょう。

中でも保険料の安いダイレクト型自動車保険では、車両保険をつけても20,000~30,000円台で済むことが多いです。保険料が浮いた分、補償を手厚くすることを考えてみるのもいいかもしれませんね...

続きを読む

50歳(50代)が1番安い自動車保険ランキング

ベテランドライバーである50代も、40代に引き続き自動車保険料が最安の世代です。見積もりをとってみますと、多くの世代で40代よりも若干低い金額が出てきます。

また50代の場合、家族構成の変化にも注意したいところです。たとえば子供が家を出て、本人や配偶者しか運転しなくなった場...

続きを読む

60歳(60代)が1番安い自動車保険ランキング

60代になると徐々に事故リスクが高くなってくるため、40代・50代と比べると自動車保険料は少し高くなります。

とはいえ、30代以前に比べるとリーズナブルですし、とくに無事故を続けてきてノンフリート等級が高ければ、十分安く抑えられるはずです。ただし万が一の事故に備えて、特約などでしっかり対策しておきたい年代ではあり...

続きを読む

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2019 Freeb Inc.