TOP > 自動車保険を商品別に徹底解説! > AIU保険の自動車保険の3つの特徴と解説!

AIU保険の自動車保険の3つの特徴と解説!

Aiu保険

AIU保険の自動車保険で特徴的なのは、使用目的を業務、通勤・通学、日常・レジャーの3つで区分しているのではなく、業務と日常・レジャーでしか区分していないところです!通勤・通学で車を使用している方は保険料が安くなる可能性が高いです!

AIU保険の3つの特徴!

  1. 細かい年齢条件による適正な保険料
  2. 通勤・通学でも日常・レジャー扱い
  3. 自動付帯される便利な特約

1. 細かい年齢条件による適正な保険料

AIU保険の自動車保険(ファミリー向け自動車保険typeR)には、全年齢補償、21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償の4つの年齢条件区分があります。これは、良くある区分方法で、保険会社によっては35歳以上補償を加えて、もう少し細分化しているケースもみられます。

AIU保険が特徴的なのは、上記の年齢区分4つの他に、26歳以上補償と30歳以上補償の2つの年齢条件で、年代別に細分化されている点です。実際には、20代(26歳以上補償のみ)、30代、40代、50代、60代、70歳以上と細かく分けることで、年齢に応じた保険料率を設定しています。

年齢条件が細かくなるメリットは、事故率が低くて保険料が安くなる世代ほど大きくなり、統計的には40代と50代が該当します。せっかく事故率が低い世代なのに、事故率が高い20代や70代以上と同じ保険料率になるのは不公平で、年齢条件が細かいことで保険料が安くなります。

2. 通勤・通学でも日常・レジャー扱い

多くの保険会社では、自動車の使用目的を3つに分けて保険料率を変えており、使用頻度の高い業務使用を高く、あまり運転しない日常・レジャー使用を低くしています。ほぼ毎日運転しても、業務使用よりも乗らない通勤・通学は、中間的な保険料率です。

AIU保険は他の保険会社と異なり、自動車の使用目的を、業務使用と日常・レジャー使用の2つでしか区分していません。これが何を意味するかというと、家庭用の自動車保険で、業務使用をしている人はほとんどいないため、大半が日常・レジャー使用に該当するということです。

その結果、通勤・通学で使っている人も、本当にレジャーでしか使用しない人も、全て日常・レジャーに該当して、全員の保険料が安くなります。通勤・通学や送迎で使っている人は、AIU保険で契約すると、保険料の上昇を抑えられます。

3. 自動付帯される便利な特約

AIU保険の自動車保険には、自動付帯になる特約の中に、「車上ねらい被害費用補償特約」と「特定修理工場入庫特約」の2つが含まれています。どちらも聞きなれない特約だと思いますが、付いていると助かる特約なので、自動付帯になっていることが負担にはなりません。

車上ねらい被害費用補償特約は、名称でもわかる通り、車上ねらいに遭って(未遂を含む)窓ガラスやサンルーフ、キーシリンダーが破壊されたときに保険金が支払われます。 ただし、特約の対象は車上ねらいによる破損なので、クルマの中にある財物についての補償は、身の回り品補償特約でカバーします。

特定修理工場入庫特約は、事故時にAIU保険が指定する修理工場で行った場合に、支払われる車両保険金の5%が別途支払われるものです。実際のところ、事故時に修理工場を指定することは少なく、保険会社指定の最寄り工場で修理するケースが多いため、単純に車両保険の上乗せと考えて良いでしょう。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

ただいまキャンペーン中

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.