TOP > 自動車保険を商品別に徹底解説! > 富士火災の自動車保険の3つの特徴と解説!

富士火災の自動車保険の3つの特徴と解説!

富士火災

富士火災の自動車保険には「ベリエスト」、「ミューズ」、「ON/OFF」、「FAI/FAPNEO」という商品名がつけられており、それぞれ補償内容や契約内容が違います。

事故後の心のケアまで補償されるアフターコンシェルジュも特徴的です。

富士火災の3つの特徴!

  1. 他社にはない独特の保険構成
  2. アフターコンシェルジュによる事故後ケア
  3. 保険と優待プログラムがセットのON/OFF

1. 他社にはない独特の保険構成

富士火災の自動車保険には、「ベリエスト」、「ミューズ」、「ON/OFF」、「FAI/FAPNEO」といった種類があり、それぞれはセット内容の違いや、FAI/FAPNEOなら自由に保険内容を選んで独自の保険を作る違いです(ベリエストミューズという商品もあります)。

ON/OFFに至っては、他の保険にも付加できるようにもなっていてかなり混乱しますが、基本的な考え方としては、ベリエスト(ベリエストミューズ)が手厚い保険、ミューズが基本的な保険、ON/OFFが付加サービスのある保険です。

一般的な保険会社が、プランで紹介しているのに対し、富士火災では個別の商品名が付いているイメージでそれほど間違いではありません。

自動車保険に詳しい人ならFAI/FAPNEOで付けたい保険だけで構成すれば良く、よくわからない人なら、対人賠償+対物賠償+人身傷害をセットにしたミューズでしょう。ベリエストはかなり手厚い保険なので、保険料よりも家族の安心を第一に考えるときに、検討する自動車保険です。

2. アフターコンシェルジュによる事故後ケア

アフターコンシェルジュは、事故で3日以上の入院があったときに、ヘルパーに自宅の家事や介護を依頼したり、シッターに子供やペットの世話を依頼したりするときに使います。

このような補償は、他の保険会社でも用意されていますが、富士火災の自動車保険では、事故後のケアとして他にも補償メニューがあります。

例えば、メンタルヘルスとして、事故後の精神的なショックを和らげるためのカウンセリング費用を補償、事故後の安全運転講習費用を補償などは特徴的で、事故を起こさなければ全く必要がない補償だけに、なかなか気付かない細やかさです。

なお、アフターコンシェルジュの利用には、人身傷害諸費用特約を付ける必要があります。この特約は、用意された補償メニューからサービスを選択するもので、入院3日目に限度額が10万円、以降は10日で10万円の加算がされるため、入院期間が延びても限度額の範囲内で続けて利用できます。

3. 保険と優待プログラムがセットのON/OFF

ON/OFFという自動車保険は、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害のセットに、休業損害を手厚くするための「所得補償特約」と、「代車費用5日間特約」を付けた商品です。もちろん、人身傷害保険や車両保険を付けることもでき、ON/OFFだけで単体の自動車保険として成立します。

もう1つ重要なサービスがあって、ON/OFFには優待プログラムが付いてくることです。つまり、ON/OFFと他の商品の違いは、所得補償特約、代車費用5日間特約、優待プログラム(ON/OFFサービス)となりますが、これらを他の商品(ベリエスト、ベリエストミューズ)に付けることもできるようになっています。

所得補償特約は、交通事故で働けなくなった場合、休業損害として固定の保険金を受け取ることができる特約です。事故で受けた休業損害は、事故相手の保険からも支払われますが、自分の過失割合が大きいときの補てんや、相手が支払う休業損害を手厚くしたいときに便利でしょう。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

ただいまキャンペーン中

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.