TOP > 自動車保険料

自動車保険料

車種別の自動車保険料相場一覧表

現在、自動車保険料は、年齢や補償内容などもそうですが、車種に応じた「料率クラス」というものを元に保険料が決定されます。

料率クラスというのは、例えば「対人4 対物4 傷害5 車両5」といった具合に、1~9のクラスに分けられ、車種に応じてリスクの高さを表しています。

対人9であれば、人に対してのリスクが最大の車種ということで保険料が高くなります。逆に、対人1であれば、リスクが最小ですのでその分保険料が安くなります。

続きを読む

【年齢・年代別】自動車保険料の相場(10代、20代、30代、40代、50代、60代)

年齢・条件別補償内容と保険料の例

自動車保険料は、等級、車種、補償内容、年齢条件、走行距離など、様々な要因によって変化します。

中でも年齢条件は自動車保険料に大きく関係する部分で、補償範囲を全年齢・21歳以上・26歳以上・30歳以上など、どの年齢まで補償するかによって保険料が大きく変わってきます。

これはリスク細分化型といって、細かく分類して事故のリスクが高い人の保険料は高く、反対にリスクの低い人の保険料は安くするというしくみによるものです。

ですので、自動車保険料の相場を知るためには、自動車保険比較サイトなどを利用して自分の条件を入力して算出される保険料が最も確かです。

続きを読む

年齢条件と自動車保険料の変化

保険料年齢条件

自動車保険を更新する時期になると、事故も起こしていないのに“保険料があまり安くならないな”と感じた事がある人、案外多いと思います。

筆者もファイナンシャルプランナーという仕事をするまでは、正直同じ様に感じていた一人です。

もしできる事なら、何歳位から自動車保険料が安くなるのか知っておきたいと思いませんか?今回は、このような疑問を解決するべく、自動車保険が安くなる年齢に重きを置きつつ、様々な保険契約との関係性について比較検証していきたいと思います。

続きを読む

自動車購入時の保険料を少しでも抑えるコツ

自動車を購入しようと決めたとき、自動車本体の価格に加えて諸費用を支払う必要があります。

自動車本体では多少の値引き交渉をすることはありますが、税金などの諸費用は値引きの対象とすることは難しく、購入後に発生する毎月のガソリン代なども考えると、自動車の種類にもよりますが、自動車を持つことは結構な支出でもあります。

少しでも自動車関連の支出を抑えたいのであれば、補償内容は手厚く、そして保険料が少しでも安い自動車保険へ加入することが近道だと考えられます。

続きを読む

FPが教える自動車保険料が適切なのか確認する方法

物やサービスにはそれなりの相場が存在しますが、今、支払っている自動車保険料が適切な価格であるのか気になる人は多いと思います。

インターネットやスマートフォンの普及で自分の自動車保険料が高いのか安いのかおおよそ確認することもできますが、これに加えて事故の補償がされる、されないといったものまで絡んでくるとよくわからないといった人も多いことでしょう。

自動車保険料を安くすることだけを目的とするのであれば保険選びに難しいことはありませんが、しっかり自動車事故に対して補償されなければそもそも自動車保険に加入している意味がありません。

そこで本記事では、ある程度の補償が備わっている自動車保険と保険料を掲載することで、目安と参考にしてもらいたいといった目的で作成しております。

続きを読む

自動車保険料Q&A集 ~素朴な疑問にFPが答えます~

自動車保険料について素朴な疑問を持たれている人は少なくありません。

どんなに些細なことであったとしても、一度気になってしまえば解決するまで次に進めないという性格の人もいることでしょう。

本記事では、そのような人を対象に自動車保険料に関する素朴な質問を寄せ集め、それに対して専門家であるFPが詳細にわかりやすい回答をする「Q&A集」を公開しております。

きっと同じような疑問が解決できたり、解決するためのヒントを見つけることができるかもしれません。ざっと気軽に読み進めていただければ幸いです。

続きを読む

自動車保険料が高くなる5つの理由とは

自動車保険料について気になっている人は多いと思いますが、支払保険料を安くすることのみを考えることは、自動車保険を検討する上で決して正しい考え方とはいえません。

もちろん支払保険料を安くしたいと考えることも大切なのですが、逆の発想で自動車保険料が高くなる理由を知ることも極めて大切なことだと考えます。

どのような場合に保険料が高くなるのか、そして保険料が高くならないようにするためにはどのようなことに注意しなければならないのか。

保険料を安くする方法を知るためには、保険料が高くなる方法も知っておかなければなりません。今回は、この自動車保険料が高くなる理由についてわかりやすく解説していきたいと思います。

続きを読む

60代、70代の自動車保険!高齢ドライバーが付けておくべき補償と保険料の相場

今、高齢ドライバーによる事故が話題となっています。

警視庁が発表する「高齢運転者が関与した交通事故発生状況(平成28年中)」(※)によると、都内で発生した交通事故発生件数は平成19年に6万8603件ありましたが、平成28年には3万2412件まで減少しました。

一方65歳以上の高齢運転者が関与する事故については、一転して上昇傾向にあります。構成率で確認すると、平成19年に...

続きを読む

自動車保険はクレジットカードの分割払いは可能?

自動車保険に加入して保険料を支払う場合、自動車保険を取り扱っている保険会社によって保険料の支払い方が異なる特徴があります。

たとえば、自動車保険料が基本的に安いとされている「ダイレクト自動車保険」では、クレジットカードによる保険料の支払い方や銀行振込、払込票による支払い、インターネットバンキングによる支払いなど多岐に渡...。

続きを読む

盗難まで補償される自動車保険の入り方と保険料はどれぐらい上がるか?

自動車保険に加入することによって、自動車が盗難されてしまった場合に、加入している保険会社より補償を受けることができますが、ただ、自動車保険に加入していれば良いといったわけではありません。

具体的に、盗難まで補償される自動車保険に加入するためには、任意加入にあたる「車両...

続きを読む

はじめて自動車保険に加入する際(新規・6等級)の保険料相場

はじめて自動車保険に加入する場合、その保険料はどのくらいなのか気になる方も多いことでしょう。車を購入した際に加入する保険に、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)があります。

これは、すべての自動車が自動車損害賠償保障法に基づき、加入しなければ運転できないため、強制保険と呼ばれています。

続きを読む

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2018 Freeb Inc.