TOP > 自賠責保険 > 自賠責保険の解約と返戻金の関係を探る!いついくら戻るのか?

自賠責保険の解約と返戻金の関係を探る!いついくら戻るのか?

執筆者
佐藤 元宣 ファイナンシャルプランナー:佐藤 元宣
自賠責保険解約返戻金

現在、保有している自動車を買い替えたり、廃車にしたりなどが原因で自賠責保険を解約することがあると思います。

しかしながら、自賠責保険を解約したことに伴う、返戻金は一定の手続きをしなければ戻ってこないことを皆さんはご存知でしたでしょうか?

任意の自動車保険と異なり解約することによってご親切に返戻金が戻ってくるほど優しいものではありません。

今回は、自賠責保険の解約と返戻金の関係を探っていきながら、いつ、いくらくらい戻ってくるのかを解説していきたいと思います。

自賠責保険の解約前に必ず抑えておかなければならないポイント

自賠責保険は、法律で加入することが義務付けられており、いわゆる「強制加入」と呼ばれます。

したがって、仮に強制加入の自賠責保険が容易に解約できてしまうことは、自賠責保険が付いていない自動車が運行されることに繋がり、万が一、交通事故が起きてしまった際に事故被害者が補償を受けられないといった事態を招いてしまいます。

そのため、自動車損害賠償保障法では、自賠責保険の解約について以下のように定めております。

責任保険の契約の当事者は、次に掲げる場合に限り、責任保険の契約を解除することができる。(1号から3号は省略)4号 その他国土交通省令で定める場合

出典 自動車損害賠償保障法 第20条の2 責任保険の契約の解除等より引用

自賠責保険の解約においてまずもって理解しなければならないこととして、自賠責保険は「理由無く解約することはできない」といった点です。私たちが自賠責保険を解約する際に関係のある国土交通省令は以下のとおりです。

1. 登録自動車について、滅失等運行の用に供することをやめたことにより、抹消登録を受けた場合

2. 軽自動車又は二輪の小型自動車について、使用を廃止し、車両番号標を運輸支局長等又は軽自動車検査協会に提出した場合

どちらの国土交通省令にも共通していることは、要は乗っている自動車を廃車にした場合に自賠責保険を解約することができるといった点です。

この時に一定の手続きをすることによって自賠責保険の未経過分が解約返戻金として払い戻される仕組みとなっているのです。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

ただいまキャンペーン中

人物アイコン

自賠責保険の返戻金を得るために必要な書類と手続き

ここからは自賠責保険の返戻金を得るために必要な書類と手続きについて解説していきます。自賠責保険の解約に必要な書類は以下のとおりです。

必要書類

  1. 印鑑
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車の廃車が確認できる書類
  4. 保険契約者本人であることの確認書類(運転免許証・健康保険証など)
  5. 振込先となる銀行口座番号 ※ 解約条件によって保険料が返還されない場合あり
  6. 保険標章(ステッカー)※ 車検のないバイク、原動機付自転車の場合のみ

出典 損保ジャパン日本興亜ホームページ 自賠責保険廃車による解約より引用

自動車を廃車する場合において業者など第三者へ依頼する際に、自賠責保険の解約返戻金を請求したい旨を伝えることで、自動車の廃車が確認できる書類など必要書類を受け取ることができますので忘れずに話をしておくようにしましょう。

また、自賠責保険の返戻金を得るために必要な手続きとして、自賠責保険に加入している保険会社へ問い合わせて必要書類の交付を受けなければなりません。

保険会社より必要書類が郵送で送られてくるため、手続きがすべて完了するまでおおよそ2週間程度の時間を要します。

また、自賠責保険の解約返戻金は「保険会社が解約手続きを終了した日」になりますので記入漏れなど手続き上の不備があった場合には、さらに先延ばしになり、結果として解約返戻金が少なくなってしまうことがあります。

無駄な労力を削減し確実な手続きを行うためにも、書類の不備が無いように心がける必要があると言えます。

仮に自賠責保険を保険代理店などで加入していた場合には、代理店へ自賠責保険の解約について問い合わせることをおすすめします。自分で手続きを取る手間が省けるだけでなく、より確実な手続きを行うことが可能となります。

自賠責保険の解約返戻金の目安

自賠責保険は任意の自動車保険と異なり「どこの保険会社で加入したとしても支払保険料が同額」といった特徴があります。

したがって、自賠責保険の解約返戻金においても、保険会社が解約手続きを完了した日における未経過分が還付され、還付金額も同額になります。以下は自賠責保険の解約返戻金の目安表です。

自賠責保険の解約返戻金目安表(25・24ヶ月契約の場合)

残期間 24月 23月 22月 21月 20月 19月 18月 17月
普通車 23,220 22,240 21,270 20,290 19,310 18,330 17,360 16,380
軽自動車 21,750 20,840 19,920 19,010 18,090 17,180 16,260 15,350
残期間 16月 15月 14月 13月 12月 11月 10月 9月
普通車 15,400 14,420 13,450 12,470 11,490 10,530 9,580 8,620
軽自動車 14,430 13,520 12,600 11,690 10,770 9,870 8,980 8,080
残期間 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
普通車 7,660 6,700 5,750 4,790 3,830 2,870 1,920 960
軽自動車 7,180 6,280 5,390 4,490 3,590 2,690 1,800 900

出典 ビッグエイトホームページより一部引用

解約返戻金額の感じ方は個人差があると考えますが、残期間が短い場合には、手続きの手間や保険会社が手続き完了するまでの時間を考慮すると、かえって手続きを取らない方が得策といった考え方もあります。

廃車手続きを行ったことによる自賠責保険の解約返戻金は加入している保険会社へ問い合わせると金額を教えてもらうことができますので、上記表はあくまでも参考程度としてお役立てください。

まとめ

自賠責保険の解約と返戻金の関係をご紹介しましたが、今回のポイントは、

ポイント

  • 自賠責保険は強制加入の保険であり、理由無く解約はできない
  • 自賠責保険の解約は、自動車を廃車にした場合などに手続きが可能
  • 自賠責保険の解約手続きには保険会社や保険代理店への連絡と書類の準備が必要
  • 自賠責保険の解約返戻金は解約月によって同額かつ保険会社による金額の違いがない

以上4つのポイントをしっかりと抑えておくようにしましょう。自賠責保険の解約返戻金は、ご親切に還付してくれるものではなく「自分で請求することが必要」であることも理解しておかなくてはならない大切なポイントです。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

ただいまキャンペーン中

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.