TOP > 軽自動車の自動車保険

軽自動車の自動車保険

プロが教える軽自動車と普通車の自動車保険の違い

突然ですが、軽自動車と普通車の違いにはどのようなものがあるか質問された時、皆様はどのように答えますか?

例えば、自動車税の金額が異なる、車検費用など維持費が異なる、1回に補給する燃料代が異なる、自賠責保険料が異なるなど様々な異なる点が挙げられると思います。

では、軽自動車と普通車における自動車保険にはどのような違いがあると思いますか?前述した例の様に金額の違いがあるイメージをお持ちの方がほとんどだと思われますが、はたして結果はいかに。

今回は軽自動車と普通車の自動車保険の違いについて分かりやすく解説していきたいと思います。

続きを読む

軽自動車は保険加入の際「新車割引」が適用されない?

平成27年10月現在、金融庁が公開している損害保険会社免許一覧を見ると、日本国内損害保険会社及び外国損害保険会社を合わせて52社あります。その内、日本国内損害保険会社は30社あり、取り扱っている自動車保険の補償内容も様々です。

昨今では、支払保険料の安さが売りのダイレクト型(通販型)による自動車保険の申込が多い傾向にあり、損害保険会社各社で適用する割引内容が異なっております。

その中でも今回はダイレクト自動車保険の代表的な割引でもある「新車割引」についてQ&A方式でご紹介していきたいと思います。新車割引とはどのような割引なのか?普通車や軽自動車といった車種やその他の条件が必要なのか?など基本的な内容を中心に幅広くご紹介します。

続きを読む

プロFPが教える軽自動車の自動車保険「賢い」選び方!

軽自動車は、「乗用車」と比較して駐車のスペースもとらず、運転の小回りも聞く「優れ者」です。

乗用車と比べて燃費や駐車場代も安く、「維持費を安くするために(乗用車から)買い換えた」という声を聞きます。

その一方で、経費削減のために軽自動車に切り替えたが、自動車保険はそれほど変わらなかった、という話もあります。維持費の大部分を占める自動車保険料が変わらなければ、効果半減ですね。

そんな維持費を大きく左右する、「自動車保険」の賢い選び方を学びましょう。

続きを読む

軽自動車とコンパクトカーの保険料はどれぐらい違う?

近年の軽自動車の進化とコンパクトカーの手軽さから、どちらのタイプも人気があります。

全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会によると、2017年12月の新車販売台数は、軽自動車は101,936台、小型乗用車(コンパクトカー)は103,569台となっており、どちらもほぼ変わらない販売台数となっています。車の維持費には、自動車税や車検費用そして自動車保険などが...

続きを読む

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2018 Freeb Inc.