TOP > 自動車保険に対する要望別!安心できる補償内容

自動車保険に対する要望別!安心できる補償内容

安心できる自動車保険補償内容

自動車保険の補償内容は自分で自由に決定することができますが、契約者が自動車保険に何を求めるか?その要望によってさまざまな補償内容が考えられます。

こちらでは要望別に3つの補償内容をご紹介しております!

自動車保険に何を求めるかによって補償内容は3つのパターンがある!

自動車保険は万一の事故や損害に対する保険ですから、補償は必要十分に手厚くしたいものです。しかしやみくもに手厚くすると保険料もグッと上がってしまいますので、補償と保険料のバランスが非常に大切です!

こちらのページでは、保険に対する要望別に以下の3つのパターンに分けて最適な補償内容をご紹介しております!こちらの補償内容をベースとお考えいただき、個別に必要な補償や特約をつけると自分にとって最適な保険となります。

「補償は最低限あればいい!とにかく保険料は安く!」という方

補償内容 補償額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 なし
人身傷害補償保険 3000万円
車両保険 なし

こちらの補償内容はとにかく保険料を安くすることに重点を置いています。自分への補償は人身傷害保険の3000万円だけですが、対人と対物は「無制限」に設定しておりますので、人生を狂わしてしまうような大変な事態は避けられる補償内容になっています。

さらに別途医療保険や生命保険などに加入していて、車に乗る人のケガや死亡への補償はあるという方は、人身傷害保険を省けばさらに保険料を安くすることができます。

また搭乗者傷害保険は「なし」に設定していますが、人身傷害保険だけ設定しておけば実費分補償されますので心配ありません。(参考:搭乗者傷害保険と人身傷害保険のどちらをつければよいか?

「十分な補償は欲しいけど保険料はできるだけ安く抑えたい!」という方

補償内容 補償額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 500万円
人身傷害補償保険 3000万円
車両保険 エコノミータイプ+限定A

こちらは保険料は抑えながらも必要十分な補償が受けられるバランスのとれたプランです。ポイントは搭乗者傷害保険を「500万円」に設定しているところと、車両保険を「エコノミータイプ +限定Aに設定しているところです。

搭乗者傷害保険は人身傷害保険とは違い診断が確定次第「定額」が支給されますので、治療後に実費分支払われる人身傷害保険よりもスピーディーに支払いが行われます。そのため病院の窓口で一時的に治療費を立て替える必要がありません。

また搭乗者傷害保険は人身傷害保険とは別個で支払われますので、両方に加入しておけばより手厚い補償が受けられます。

また車両保険は自分の車に対する補償ですが、エコノミータイプ +限定Aをつけておくことで、当て逃げと自損事故以外はすべて補償されますので、保険料を抑えながら自分の車への補償も確保することができます。(参考:車両保険は必要?不要?

「補償は十分に手厚くして保険料はある程度高くても良い!」という方

補償内容 補償額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 1000万円
人身傷害補償保険 5000万円
車両保険 一般タイプ

こちらは保険料は最も高くなりますが補償に重点を置いたプランになります。

対人・対物「無制限」はもちろんのこと、搭乗者傷害保険を「1000万円」人身傷害保険を「5000万円」と、保険金額を設定できる上限に設定しています。※上限金額は保険会社によって異なります。また車両保険は当て逃げ・自損事故を含め自分の車に対するあらゆる損害を補償する「一般タイプ」をつけています。

例えば実際に事故において、自分の車に搭乗中の家族が怪我をし全員の治療費が総額1000万円かかりました。過失割合は相手60%:自分40%でした。こういった場合、相手の任意保険の対人賠償保険からは相手の過失割合60%分の600万円が自分に支払われます。

しかし実際には治療費は1000万円かかっているわけですから、残り400万円を病院に支払わなくてはなりません。ここで搭乗者傷害保険からはケガの程度により「定額」で100万円が支払われました。

さらに人身傷害保険にも加入していますから、人身傷害保険は過失割合に関係なくケガの治療費や入院費用、仕事ができない期間の休業損害、看護料、葬祭費用、精神的損害までも補償されますので、別途400万円が支払われます。

実際の事故の際は相手がいる・いない、過失割合は双方何%かなどさまざまな状況が考えられますので、こちらのプランであればあらゆる事故に備えることができます。

以上が要望別にベースとなる補償内容です。

この補償内容に自分が追加で欲しい補償や特約、ロードサービスなどを各社比較しながら保険を決めていきます。保険料を安くしたい方はネットで申し込みから契約まで完結する自動車保険一括比較!が便利です!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

ただいまキャンペーン中

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.