TOP > 私が個人的につけておいた方がよいと思う特約

私が個人的につけておいた方がよいと思う特約

つけておいた方がよい特約

自動車保険(任意保険)には保険会社によってさまざまな「特約」が用意されています。

つければ保険料は若干上がることになりますが、とてもお得な特約もありますのでこちらでは私がおすすめする特約とその理由をご紹介しております!

少ない保険料負担でお得な補償が受けられる特約!

任意保険を選ぶ際に迷うのが「特約」です。特約というのはオプションみたいなもので補償内容をより充実させることができます。特約はつければつけるほど補償は手厚くなるのですが当然保険料は上がってしまいますので、よく考えてつける必要があります。

ここでは私が絶対つけておいた方がいい!と思う特約をご紹介したいと思います!

個人賠償責任特約(日常生活賠償特約)

個人賠償責任特約、保険会社によっては日常生活賠償特約と呼ばれるものです。これは車に乗車中以外の日常生活において他人をケガや死亡させたり、他人の物を壊したりした際に使える保険です。保険金額は対人・対物無制限です。

この特約の何がお得かというと、保険の契約者だけでなく、配偶者または同居の親族、別居の未婚の子供が起こした事故も補償の範囲に入るということです!自分だけでなく家族が起こした日常生活における事故についても補償してくれます。

例えば、自分の奥さんが自転車に乗っていておばあちゃんにぶつかってけがをさせたとか、子供が石を投げて他人の家の窓ガラスを割ってしまったなどでも使用できます。ちなみにこの特約は「ノーカウント事故」になりますので、保険を使ったとしても翌年度の等級は下がりません。

ちょっとお得すぎると思いませんか?実はこの特約は元々単体で販売されていたものでしたが、保険料は2000円程度と安いのに契約者にとってお得すぎる内容となっていたため、現在では単体販売はなくなり自動車保険などに特約としてつける形に変更されました。

特約といった形にはなりましたがそれでも年間保険料は1500円程度のアップで、自分や家族の日常生活の賠償責任を補償してくれますから、お得であることに変わりはありません。

ちなみにこの特約は保険会社によっては用意されていない場合もありますので、私は用意されている保険を選び特約として必ずつけるようにしています。

弁護士費用特約

弁護士費用特約というのは、事故後の示談等で弁護士を雇った際の費用を補償してくれる特約です。

交通事故を起こすと車が壊れたり人がケガをしたり、何らかの損害が発生するケースがほとんどです。そういった場合まずは双方の保険会社同士が話し合い(示談代行)、双方いくらずつ支払いましょうという取り決め(示談)が行われます。

これですんなり決まれば何の問題も起きませんが、中には「いや、そんな金額では安すぎる!もっと払ってくれ!納得いかない!」というケースも多くあります。このように双方の主張が折り合わない場合は双方が弁護士を雇って裁判・和解・調停などの法的な手続きに入ります。

これらの手続きには弁護士報酬・訴訟費用・裁判費用・法律相談料などがかかりますが、弁護士費用特約をつけておけばそれらすべての費用を保険会社に支払ってもらうことが可能です。また弁護士費用特約も「ノーカウント事故」になりますので、保険を使ったとしても翌年度の等級は下がりません。

弁護士費用特約は上限300万円と設定している保険会社が多いですが、日本弁護士連合会が行ったアンケートによると、交通事故の裁判では80~90万円程度のケースが85%を占め、残り15%は100万円を超えていますがそれでも上限300万円をつけておけば十分おさまるケースがほとんどです。

弁護士費用特約をつけたとしても年間保険料は1000~2000円程度ですから、事故後の処理をスムーズにして自分の精神的負担を軽くするためにも、ぜひつけておきたい特約です。

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約は125cc以下の原付バイクに乗っている方がつける特約です。125cc以下ですので50ccの原付バイクにも適用されます。

この特約は契約者または同居の親族、または別居の子供が原付バイクに乗車中に事故を起こした際、対人・対物・人身傷害まで幅広く補償されます。保険会社によって補償内容に若干の違いはありますが、それでも原付バイク単体で任意保険に加入すると高いですから、すでに加入している自動車保険に特約としてつけることができるというのは大きなメリットです。

ファミリーバイク特約は使ったとしても「ノーカウント事故」になりますので翌年度の等級は下がりませんし、保険料も年間数千円程度ですので、もし日常生活において原付バイクに乗る機会がある方は、必ずつけておきたい特約です!

今回は私がつけておいた方がよいと思う特約について解説しましたが、ご紹介しました個人賠償責任特約(日常生活賠償特約)・弁護士費用特約・ファミリーバイク特約は万人におすすめできる特約です。

その他の特約は契約者の方の状況によりつけた方がよい特約もありますので、自動車保険を選ぶ際はよく検討して決めるようにしましょう!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.