TOP > プロFPが教える軽自動車の任意保険料相場と安くする方法

プロFPが教える軽自動車の任意保険料相場と安くする方法

軽自動車の任意保険料の相場

普通車に比べ税金やメンテナンス費用などの維持費が安い軽自動車ですが、「任意保険料」に関してはどうでしょうか?

軽自動車の任意保険料の相場を年齢別・車両保険の種類別にまとめましたのでご覧くださいませ。

軽自動車の年齢別・車両保険の種類別任意保険料の相場

任意保険料は年齢や条件によっても大きく異なってきますが、以下の一般的な補償内容で保険料はいくらぐらいになるのか、ご紹介したいと思います!

見積もり条件

           
項目 補償内容
対人・対物・人身傷害 無制限
年齢条件 全年齢・21歳以上・26歳以上・30歳以上のいずれか
車両保険 一般タイプ・エコノミー・なしのいずれか
運転免許の色 ブルー
使用条件 配偶者限定
等級 9等級
年間走行距離 9000km

上記の条件で軽自動車の場合任意保険料はいくらぐらいになるのか、年齢別と車両保険の種類別ににまとめたものが下表です。

保険料相場一覧

年齢条件 車両保険
一般 エコノミー なし
全年齢 254,700円 182,550円 110,400円
21歳以上 127,900円 91,650円 55,400円
26歳以上 77,100円 55,250円 33,400円
30歳以上 73,800円 52,900円 32,000円

※ 自動車保険シミュレーターより

年齢条件の区分は保険会社によって異なりますが、一般的な全年齢・21歳以上、26歳以上、30歳以上の区分と、車両保険を一般・エコノミー・なしの区分で保険料を出してみました。

車両保険の種類の解説については後述致します。

保険料が最も高くなるのは1番上の行の「全年齢」が補償対象になっている欄です。これは20歳以下の最も事故率が高い年代が補償範囲に入っておりますので、最も保険料が高くなります。

逆に30歳以上は最も安くなっています。表にはありませんが、保険料は50代までゆっくりと安くなっていき、60代、70代になると再び事故率が上がってくるため、保険料も高くなっていきます。

上記表から軽自動車の任意保険料の相場は、車両保険の一般タイプをつけると7万円~25万円ぐらい、エコノミータイプであれば5万円~18万円ぐらい、なし(つけない)であれば3万円~11万円ぐらいということがいえそうです。

ちなみに軽自動車の場合、普通車と違って「車両料率クラス 」は適用されませんので、車種の違いによる保険料の違いはありません。そのため軽自動車の場合見積もり条件が同じであれば保険料は全車種同じと考えてよいです。

車両保険の種類を変更することで保険料は大幅に安くなる!

車両保険は上の表にもありましたように、一般タイプ・エコノミータイプ・なしの場合で大きく保険料が異なります。

全年齢の場合であれば、一般タイプで254,700円、エコノミーで182,550円、なしで110,400円です。

21歳以上の場合であれば、一般タイプで127,900円、エコノミーで91,650円、なしで55,400円です。

比較してみると、一般タイプとなしでは保険料に2倍以上の差があることがわかります。車両保険の種類を何にするのかによって、保険料がかなり変わってくるのです。

車両保険には細かく説明すると実は4種類あり、一般タイプ・エコノミータイプ+限定A・エコノミータイプ・限定Aとあります。

それぞれ補償範囲が異なりますので、わかりやすいように下表でまとめてみました。

補償範囲 一般タイプ エコノミータイプ+限定A エコノミー
タイプ
限定A
他車との衝突・追突・接触 ×
盗難 ×
台風・洪水・高潮・竜巻 ×
火災・爆発 ×
落書き ×
当て逃げ × × ×
自損事故 × × ×

保険料が最も高くなる一般タイプは車にどのようなことがあっても補償されるフルカバータイプです。主に車を新車で購入した場合は一般タイプを選択する人が多いです。

次に、エコノミータイプ+限定Aですが、エコノミータイプ単独や限定A単独で用意されていることは少なく、エコノミータイプ+限定Aということでセットになっているケースが一般的です。

当て逃げと自損事故以外はカバーされるというタイプで、補償範囲を限定する代わりに保険料が安く抑えられています。

一般タイプはさすがに高すぎると思う方や、新車から年数が経っていたり中古車を購入した方は、エコノミータイプ+限定Aを選択する人が多いです。

逆に、10年落ちの中古車や100万円以下で購入した車であればそもそも車両保険はつけずとことん安く乗るという選択もありです。

ただし車両保険は自分の車に対する補償ですから、つけるかつけないか、またつけるならどのような種類にするかよく検討する必要があります。

詳しくはこの辺りをご覧ください ⇒車両保険は必要?不要?車両保険の「免責」の意味と保険料の変化

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

ただいまキャンペーン中

人物アイコン

軽自動車と普通車の保険料の相場比較

軽自動車の任意保険料相場ばかり解説してきましたが、普通車枠であるコンパクトカーやハイブリッドカー、ミニバンの場合では、保険料の相場はどれぐらいのものなのでしょうか?

一覧表にしてまとめましたので参考にご覧くださいませ。

タイプ 想定車種名 年齢条件 車両保険
一般 エコノミー なし
軽自動車 アルト 全年齢 254,700円 182,550円 110,400円
21歳以上 127,900円 91,650円 55,400円
26歳以上 77,100円 55,250円 33,400円
30歳以上 73,800円 52,900円 32,000円
コンパクトカー アクア 全年齢 380,800円 278,500円 176,200円
21歳以上 191,200円 139,850円 88,500円
26歳以上 115,200円 84,250円 53,300円
30歳以上 110,200円 80,600円 51,000円
ハイブリッドカー プリウス 全年齢 421,900円 301,550円 181,200円
21歳以上 211,800円 151,400円 91,000円
26歳以上 127,700円 91,300円 54,900円
30歳以上 122,100円 87,300円 52,500円
ミニバン ヴォクシー 全年齢 416,900円 296,550円 176,200円
21歳以上 209,300円 148,900円 88,500円
26歳以上 126,100円 89,700円 53,300円
30歳以上 120,700円 85,850円 51,000円
SUV ヴェゼル 全年齢 429,000円 323,500円 218,000円
21歳以上 200,800円 152,900円 105,000円
26歳以上 125,200円 96,750円 68,300円
30歳以上 115,300円 90,150円 65,000円
ワゴン レヴォーグ 全年齢 439,000円 320,500円 202,000円
21歳以上 220,000円 165,000円 110,000円
26歳以上 147,000円 114,500円 82,000円
30歳以上 140,700円 102,850円 65,000円
セダン クラウン 全年齢 380,800円 278,500円 176,200円
21歳以上 191,200円 139,850円 88,500円
26歳以上 115,200円 84,250円 53,300円
30歳以上 110,200円 80,600円 51,000円

※ 自動車保険シミュレーターより

やはり普通車の任意保険料相場は軽自動車よりも高くなることがわかります。

ちなみに普通車の場合は前述しました「車両料率クラス」というものが大きく関わってきますので、一概に車体価格が高いから保険料も高いということは言えず、蓄積されたデータ上で事故を起こしやすい車種や他者に損害を与えやすい車種において、保険料が上下します。

プロFPが軽自動車の自動車保険料の相場を調べました。

執筆者
佐藤 元宣 ファイナンシャルプランナー:佐藤 元宣

軽自動車を所有している皆さんにとって、軽自動車の自動車保険料と相場の関係はとても気になるところだと思います。

現在加入している軽自動車の自動車保険料は、はたして相場よりも高いのか安いのか、補償内容が良いのか悪いのかなど、おおまかな基準を知りたい皆さんも多いのではないでしょうか?

ここでは、軽自動車を所有している皆さんを対象に、具体例としてさまざまな年齢層や家族状況をはじめ、加入条件や主な補償内容を車種別にシミュレーションした見積保険料を紹介していきます。

早速、実際に見積りシミュレーションした軽自動車の保険料例を紹介していきます。はじめに、ホンダ N BOXに乗っている独身の20代男性をイメージした保険料例を紹介します。

ホンダ N BOXに乗っている独身の20代男性

内容 20歳男性 28歳男性
保険会社 ソニー損保 ソニー損保
設計プラン グレードアッププラン2 グレードアッププラン2
年式 平成23年式 平成23年式
型式 DBA-JF2 DBA-JF2
等級 20等級(父親より引継ぎ) 20等級
免許の色 ブルー免許 ゴールド免許
事故歴 なし なし
使用目的 家庭用 家庭用
走行距離 1年間で7000km以下 1年間で7000km以下
運転者限定 本人に限定 本人に限定
年齢条件 年齢を問わず補償 26歳以上補償
車両保険 あり あり
年間保険料 78,350円 33,930円
キャプチャ画像

上記表はソニー損保ホームページより、ホンダ N BOXに乗っている独身の20代男性をイメージして作成した保険料のシミュレーション結果です。

シミュレーションにあたりインターネット割引やペーパーレス割引など「適用できる割引はすべて適用」することで、できる限り自動車保険料が安くなるように設計し、かつ、補償内容といった質も重視した保険設計としております。

同じ20代でも保険料に44,420円もの差があるのは、オレンジで塗りつぶした箇所に保険料の違いがあるためです。

その中でも特に「年齢条件」が保険料に大きな差を生じさせている要因なのですが、20歳男性の場合は「補償に対する年齢制限を適用することができない」といったことが挙げられます。

28歳男性のように、年齢条件を「26歳以上補償」といった補償される範囲を「できる限り絞り込む」ことが自動車保険料を安く設計するための重要なポイントになります。

ちなみに20歳男性は、21歳に達した時に「21歳以上補償」に範囲を絞り込むことが可能になり、そうすることで自動車保険料が大幅に安くなる効果が期待できます。

タントに乗っている30代男性(ファミリー)

次に、ダイハツ タントに乗っている30代男性(ファミリー)をイメージした保険料例と加入条件を紹介していきます。

内容 30歳男性 35歳男性
保険会社 ソニー損保 ソニー損保
設計プラン グレードアッププラン2 グレードアッププラン2
年式 平成18年式 平成18年式
型式 L360S L360S
等級 20等級 20等級
免許の色 ゴールド免許 ゴールド免許
事故歴 なし なし
使用目的 家庭用 家庭用
走行距離 1年間で11,000km以下 1年間で7000km以下
運転者限定 本人・配偶者限定 本人・配偶者限定
年齢条件 30歳以上補償 30歳以上補償
車両保険 あり あり
年間保険料 32,400円 29,210円
キャプチャ画像

上記表はソニー損保ホームページより、ダイハツ タントに乗っている30代男性の子育て世帯をイメージして作成した保険料のシミュレーション結果です。

30歳男性の場合は、ワゴン車を保有しておらず、ファミリーカーとしてタントを使っているイメージとし、普段の買い物をはじめ、家族でのレジャーにおいてもタントを運転するといった世帯イメージで作成しております。

なお、本人と奥さんのみ運転するものとしてシミュレーションをしてみました。35歳男性の場合は、ファミリーカーであるワゴン車と軽自動車の二台を世帯で保有しているイメージを想定しております。

普段の買い物や近場へ出かける時などに、タントを運転するものとしてシミュレーションし、こちらにおいても本人と奥さんの両名のみ運転するものとしております。

両者の違いは、年間に走る「走行距離」のみです。支払保険料も「11,000kmの場合32,400円」「7,000kmの場合29,210円」とさほど大きな違いが見られないシミュレーション結果となっていることがわかります。

余談ではありますが、35歳男性で11,000kmの場合と30歳男性で7,000kmの場合においても、ソニー損保の場合は「支払保険料が同額」ですので、「契約年齢による違いがない」ことも合わせて知っておきたいポイントです。

ワゴンRに乗っている40代女性(セカンドカー)

次に、スズキ ワゴンRに乗っている40代女性(セカンドカー)をイメージした保険料例と加入条件を紹介していきます。

内容 49歳女性 49歳女性
保険会社 ソニー損保 ソニー損保
設計プラン グレードアッププラン2 グレードアッププラン2
年式 平成18年式 平成18年式
型式 DAA-MH44S DAA-MH44S
等級 20等級 20等級
免許の色 ゴールド免許 ゴールド免許
事故歴 なし なし
使用目的 家庭用 家庭用
走行距離 1年間で7000km以下 1年間で7000km以下
運転者限定 記名・被保険者と家族に限定 本人のみに限定
年齢条件 年齢を問わず補償 30歳以上補償
車両保険 あり あり
年間保険料 41,690円 18,320円
キャプチャ画像

上記表はソニー損保ホームページより、スズキ ワゴンRに乗っている40代女性のセカンドカーをイメージして作成した保険料のシミュレーション結果です。

年齢はどちらも49歳の女性としておりますが、両者の違いは、「運転者限定」と「年齢条件」の2つです。

49歳という年齢を考慮すると、子どもが自動車免許を取得して親の所有する自動車を運転する場合が予測されることから、1つは運転者限定を「記名・被保険者と家族に限定」し、年齢条件も「年齢を問わず補償」することで、家族全員が自動車事故を起こしてしまったとしても補償が受けられるように設計してみました。

2つ目は、運転者限定を「本人のみに限定」し、年齢条件も「30歳以上補償」とすることで、本人のみが自動車事故を起こした場合に補償されるように設計しております。

自動車保険の補償される範囲が広いか狭いかで支払保険料に23,370円もの差が生じていることがわかります。

これは、等級が20等級であることやゴールド免許であるといった、いわゆる優良ドライバーであることも支払保険料に大きな影響を及ぼしており、仮に49歳の母親が、等級の低い場合やブルー免許といった場合には、41,690円といった保険料がもっと高額になります。

毎日の安全運転と優良ドライバーといった実績が、将来の自動車保険料の高低に関係することをしっかりと理解しておきましょう。

デイズに乗っている50代男性(夫婦)

最後に、日産 デイズに乗っている50代男性(夫婦)をイメージした保険料例と加入条件を紹介していきます。

内容 55歳男性 59歳男性
保険会社 ソニー損保 ソニー損保
設計プラン グレードアッププラン2 グレードアッププラン2
年式 平成25年式 平成25年式
型式 DBA-B21W DBA-B21W
等級 20等級 20等級
免許の色 ゴールド免許 ゴールド免許
事故歴 なし なし
使用目的 家庭用 家庭用
走行距離 1年間で7000km以下 1年間で5000km以下
運転者限定 本人・配偶者限定 本人のみに限定
年齢条件 30歳以上補償 30歳以上補償
車両保険 あり あり
年間保険料 32,130円 30,400円
キャプチャ画像

上記表はソニー損保ホームページより、日産デイズに乗っている50代男性で世帯が夫婦のみをイメージして作成した保険料のシミュレーション結果です。

55歳男性は、普段は通勤で軽自動車を使用し、休日は買い物などで奥さんも運転するといったイメージでシミュレーションしました。59歳男性の場合は、通勤用として本人のみが運転するイメージを想定してシミュレーションしております。

年間支払保険料を見てもわかるように、両者の保険料差は1,730円とごく僅かであることがわかります。走行距離や運転者限定で補償範囲を絞り込んだ場合においてもさほど保険料が変わらない要因として考えられることは「等級の高さ」でしょう。

両者のシミュレーションにおいて、車両保険もセットで付けておりますが、保険料が高額にならない影響は、最高等級である20等級が大きな影響を与えていると言い切ることができます。

自動車を効率よく利用するという面で考えると、1台の自動車を夫婦で共有する方が、保険料は数千円上昇しても、ガソリン代や自動車維持費などの面で大きな節約効果が期待できるでしょう。

同じ条件、補償内容でも年間保険料に差がある!

年齢層や世帯状況をイメージし比較しながら4つのパターンを紹介しましたが、ここからは一例として、タントに乗っている30代男性(ファミリー)をイメージした保険料例と加入条件を保険会社別に比較した結果を紹介していきたいと思います。

タントに乗っている30代男性(ファミリー)で比較!

内容 35歳男性 35歳男性
保険会社 ソニー損保 セゾン自動車火災保険
設計プラン グレードアッププラン2 プラン名なし
年式 平成18年式 平成18年式
型式 L360S L360S
等級 20等級 20等級
免許の色 ゴールド免許 ゴールド免許
事故歴 なし なし
使用目的 家庭用 家庭用(日常・レジャー)
走行距離 1年間で7,000km以下 1年間で5,000km超~10,000km以下
運転者限定 本人・配偶者限定 本人・配偶者・別居未婚の子
年齢条件 30歳以上補償 問わず
車両保険 あり あり
年間保険料 29,210円 30,560円
キャプチャ画像

上記表は、ソニー損保ホームページ及びセゾン自動車火災保険のホームページより自動車保険料を見積りシミュレーションした結果です。両社を比較する上で補償内容などの条件はすべて同等のものとしております。

オレンジの塗りつぶし箇所が、それぞれ異なっているポイントになりますが、ここでは主な補償内容について、一つずつ考察していきたいと思います。

走行距離

ソニー損保の場合、「5,000km以下」「7,000km以下」「9,000km以下」など走行距離が細かく設定されており、より合理的な保険料設定となっている特徴があります。

一方で、セゾン自動車火災保険は「5,000km超~10,000km以下」など走行距離の区分がソニー損保のように細かく設定されておりません。

当初の契約のとおり、1年間で7,000km以下の範囲で走行を抑えられた場合には、ソニー損保の方が良いと考えられますが、万が一、7,000kmを超えた場合には超過保険料を納めなければならないといった部分には注意が必要です。

この場合、セゾン自動車火災保険の方が良いと考えられます。

運転者限定

ソニー損保の場合、運転者を「本人のみ」「本人と配偶者」「本人と同居の家族」「限定なし」といったように、前述した走行距離と同様に細かく設定されているのが特徴です。

一方でセゾン自動車火災保険の場合、保険契約者の他に対象となる自動車を運転する人がいるか否かといったことなどを選択することで自動的に補償対象家族が決定される特徴があります。

年齢条件

ソニー損保の年齢条件は、「制限なし」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」といったように、こちらも年齢制限が細かく設定されており、高くなればなる程、支払保険料が安くなるといった特徴があります。

セゾン自動車火災保険の場合は、「補償年齢を問わない」といった特徴があります。前述した運転者限定の対象となった人が何歳であったとしても補償される仕組みとなっています。

考察

両社において細かな違いはあるものの、それぞれに一長一短であることが理解できたのではないでしょうか。年間の保険料差額は1,350円と大きな違いも生じていないことから、大切なのは自分のニーズにどこまで即しているか見極めることです。

とは言え、それぞれの損害保険会社のホームページから一つずつ見積りを作成していたのでは膨大な時間と大きな手間が掛かります。

このような時は、自動車保険比較サイトから自分の条件を入力することで、まとめて保険料や補償内容を比較検討できる方法を利用するようにしましょう。

まとめ

今回はさまざまな年齢層や家族状況をイメージして、軽自動車保険料をシミュレーションし、ご紹介させていただきました。

ご自身の年齢や状況に近いシミュレーション結果から、軽自動車保険料の相場を知ることができたのではないでしょうか?

今回ご紹介した20代から50代の4つのシミュレーション結果において共通していることを下記へまとめています。

軽自動車保険料のポイントと相場まとめ

  • 自動車保険料は「20等級」「ゴールド免許」など、優良ドライバー程、安い
  • 世帯状況や自動車運転をする人に合わせて補償されるように「補償範囲を絞り込む」ことが、自動車保険料を安く抑えるための必須要件
  • 損害保険会社によって補償内容の範囲に違いがあるものの、等級や免許の色といった条件が自動車保険料の高い安いといった価格に大きな影響を及ぼしている
  • 損害保険会社によって同じような条件で自動車保険料を見積りした場合、若干の違いは見られる結果となっておりますが、極端に大きな差額が生じないことから、おおよその「相場」を知ることが可能となる
  • 優良ドライバーは自動車保険料の極端な削減はあまり見込まれないため、世帯状況や使用状況を加味した補償内容を優先して選ぶ

軽自動車保険料の見直しに必要な「保険料」「補償内容」「全体の相場」は、比較サイトを利用することで、1回でまとめて把握することができ、時間の効率が図られるだけでなく無駄な労力を省くことができます。

自分に適した軽自動車保険を見つけるために、上記表のまとめポイントを活かしながら自動車保険比較サイトを利用してみるのをおすすめします。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.