TOP > 車両料率クラスとは?「型式」ごとのリスクを表示!

車両料率クラスとは?「型式」ごとのリスクを表示!

車両料率クラス

任意保険の保険料を決める要素の1つに「車両料率クラス」があります。

これは車種別の「型式」によって対人・対物・傷害・車両の4つのリスクを元に、保険料が決定されるというものです。

車両料率クラスとは「型式」ごとのリスクを表示しています!

自動車保険の保険料を決定する要素の1つが、「車両料率クラス」です。

保険料の割引率を決める要素で有名なものに「等級」があります。等級は1年間事故を起こさなければ毎年1つずつ上がり割引率が高くなっていきます。対して車両料率クラスは車種別の「型式」によって決められており、以下の4つの種類に設定されています。

車両料率クラス

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 傷害保険(搭乗者傷害保険と人身傷害保険)
  • 車両保険

私の保険証券を見てみると、車種はプリウス(型式:ZVW30)で「対人4対物4傷害5車両5」と記載されています。これは対人賠償保険料率「4」対物賠償保険料率「4」傷害保険料率「5」車両保険料率「5」という意味になります。

こちらの例では「4」と「5」という数字がでてきていますが、車両料率クラスは数字でその車のリスクが表されます。

車両料率クラスはそれぞれ数字の1~9までで設定されている!

車両料率クラスのリスク差

上のイラストを見てみましょう!

予備知識として、車両料率クラスは「1~9」の数字でリスクの大きさがあらわされ、「1」が最もリスクが小さい、「9」が最もリスクが大きいという意味です。リスクが小さいほど保険料は安く、リスクが大きいほど保険料は高くなります。

さて、左のコンパクトカーの車両料率クラスは「対人3対物3傷害4車両3」、右のスポーツカーの車両料率クラスは「対人6対物5傷害4車両9」となっています。

想像してみるとわかりやすいですが、コンパクトカーはスピードもそれほどでませんし危険な運転をする人も少ないので、事故を起こすリスクが少ないので車両料率クラスは低めに設定されています。

対してスポーツカーはスピードを出す方が多く、事故を起こすリスクが大きいので車両料率クラスは高めに設定されています。また事故により自分の車が壊れた際の修理費が高額になりやすいことや、スポーツカーや高級車は盗難が多いため、特に車両料率クラスは「9」と最高値に設定されています。

逆に傷害は「4」とコンパクトカー並みに低く設定されています。これはスポーツカーや高級車は丈夫に造られていますので、乗っている人がケガをするリスクが低いためです。

ちなみに、軽自動車や軽トラには車両料率クラスは適用されず、普通乗用車や小型乗用車(コンパクトカー)のみ適用されています。軽自動車の保険証券には車両料率クラスは記載されていませんがご安心を。

車両料率クラスが変わるとどれぐらい保険料は変わるの?

車両料率クラスは「1」変わるごとに保険料は変化していきます。車両保険に関しての料率クラスを下表にまとめてみましたのでご覧ください。「保険料の例」という項目は、車両保険を100万円つけた場合の保険料例です。

料率クラス 保険料 保険料の例 該当車種
1 1.0倍 55,820円 トヨタ RAV4・ スズキ エスクード・スズキ ジムニー1300など
2 1.2倍 66,984円 ホンダ CR-V・トヨタ ヴィッツ・日産 セレナなど
3 1.4倍 78,148円 ホンダ アコード・マツダ デミオ・トヨタ イプサムなど
4 1.6倍 89,312円 トヨタ エスティマ・ トヨタ ウィッシュ・スズキ スイフトなど
5 1.9倍 106,058円 マツダ アクセラ・ホンダ オデッセイ・トヨタ ヴァンガードなど
6 2.4倍 133,968円 トヨタ アリスト・トヨタ クラウンマジェスタなど
7 3.0倍 167,460円 日産 シーマ・ポルシェ ボクスター・トヨタ RAV4など
8 3.6倍 200,952円 レクサス LFA・三菱ランサー・エボリューションGSRなど
9 4.0倍 223.280円 スバル インプレッサ・マツダ RX-7・ホンダ NSX・トヨタ セルシオなど

※ 上表の例ではわかりやすいように車種名だけを記載しておりますが、車両料率クラスは「型式」によって異なりますので、同じ車種でも型式が違えば料率クラスも変わってきます。

さて、今回は車両保険を100万円つけた場合の料率クラスと保険料の変化、保険料の例をまとめてみました。料率クラス「1」と「9」を比べるとなんと保険料に4倍もの差がでてきます!保険料の例でいうと、55,820円と223.280円もの違いがでてきます。

車両料率クラスはあまり目立つ存在ではありませんが、ご覧のとおり保険料に大きく影響してくるのです!

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

ただいまキャンペーン中

人物アイコン

車両料率クラスはだれがどうやって決めているのか?

ここで素朴な疑問!「車両料率クラスってだれが決めているの?」という疑問についてですが、車両料率クラスは損害保険料率算出機構というところが決定しています。

この団体は自動車保険・火災保険・傷害保険などの損害保険について、社会・公共的な観点から公正で妥当な保険料の算出を業務としています。

すべての保険会社はこちらの団体の車両料率クラスを採用していますので、保険会社によって料率クラスが違うということはありません。

また車両料率クラスは毎年見直されますので、全国的に事故や盗難が多かった車種(型式)は、翌年度の車両料率クラスが上がり保険料も上がります。逆に事故や盗難が少なかった車種(型式)は、車両料率クラスは下がり保険料も下がるということになります。

1度も保険を使っていないのに翌年度の保険料が上がった方は、車両料率クラスが上がっている可能性が高いということになります。

自分の車両料率クラスを調べる方法

車両料率クラスは保険料に大きく影響しますので、どうせなら車両料率クラスが低い車種(型式)を選んで購入を考える方もいらっしゃると思います。

先ほどの「損害保険料率算出機構」は個人向けには車両料率クラスを情報提供していませんので、自分で調べる必要があります。

一般的に公表しているWebサイトでは「自動車保険料率クラスデータベース2013」が有名です。少し情報が古いですが目安にはなります。

他の方法では自動車保険一括見積もりをした際、「そんぽ24」などでは車両料率クラスまで記載された見積書が確認できますので、こちらを利用してみてもよいでしょう。

ただし車両料率クラスは毎年見直されるものですし、型式に応じて決定されますので自分の力ではどうしようもないものです。そのためあまり神経質にならず、自分の車は料率クラスが高めなのか低めなのかといった目安を知るためには一度調べてみるのもよいでしょう!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.