TOP > 対人賠償保険の高額賠償判決例

対人賠償保険の高額賠償判決例

対人賠償保険

交通事故により相手にケガをさせてしまったり死亡させてしまった場合の損額賠償金額はいくらぐらいになるのか?

実際の人身事故の高額賠償判決例のデータを元に解説しております。

交通事故の高額賠償判決例(人身事故)

万一の交通事故で相手にケガをさせてしまったり死亡させてしまった場合には、相手方から損害賠償請求がされます。

損害賠償請求額の中には治療費や慰謝料、被害者が仕事をできなくなった場合はその賃金なども含まれていますが、損害賠償請求額が高額になる場合には、訴訟(裁判)になることもしばしばあります。

では実際に裁判ではどのような判決がでているのか、下表でまとめてみました。

判決日 被害者の性別 / 年齢 / 職業 態様 認定損害額
H23年11月1日 男性 / 41歳 / 眼科開業医 死亡 5億2853万円
H23年12月27日 男性 / 21歳 / 大学生 後遺症 3億9725万円
H23年2月18日 男性 / 20歳 / 大学生 後遺症 3億9510万円
H17年5月17日 男性 / 29歳 / 会社員 後遺症 3億8281万円
H19年4月10日 男性 / 23歳 / 会社員 後遺症 3億7886万円
H18年6月21日 男性 / 38歳 / 開業医 死亡 3億6750万円
H21年11月17日 男性 / 14歳 / 中学生 後遺症 3億65513万円
H16年6月29日 男性 / 25歳 / 大学研究科在籍 後遺症 3億5978万円
H24年3月16日 男性 / 25歳 / 美容室店長 後遺症 3億5618万円
H18年9月27日 男性 / 37歳 / アルバイト 後遺症 3億5332万円
H19年1月31日 女性 / 18歳 / 高校生 後遺症 3億4791万円
H19年6月8日 女性 / 25歳 / 会社員 後遺症 3億4614万円

※ 損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」より 平成25年度(平成24年度データ)

いかがでしょうか?平成25年度までにでた対人(人身)事故に関する損害賠償請求額を、金額の高いものから12個まとめてみました。

1番右側の欄「認定損害額」というのは、被害者側の過失割合や自賠責保険からの補償は計算されていませんので、シンプルに裁判により認定された被害者側の損害額になります。

それにしても対人事故の損害賠償請求額というのはかなり高額になるケースがあるということがわかります。

最も高かったのは 41歳男性の眼科開業医の方で、認定損害額はなんと5億2853万円にもなります。開業医の方ですから生涯稼いだであろう予定額を計算すると、これほど高額になります。

また、まだ働いていない方でも21歳男性大学生の方では死亡ではなく後遺症の状態になり、認定損害額3億9725万円。14歳男性中学生の方は後遺症の状態になり、認定損害額3億65513万円。18歳女性高校生の方も後遺症の状態になり、認定損害額3億4791万円となっております。

もしこういった事故に自分が遭遇してしまったとしたら、自賠責保険からは死亡の場合最高3000万円、後遺障害の場合最高4000万円しかでませんので、自賠責保険だけでは全く足りないことがわかります。

事故をしてしまってからではどうにもなりませんので、車を運転する方は自賠責保険だけでなく任意保険にも加入し、かつ対人賠償保険は「無制限」にしておくことが必須です!

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.