TOP > 自動車保険一括見積もりサイトを利用して得した人の金額と割合

自動車保険一括見積もりサイトを利用して得した人の金額と割合

自動車保険一括見積
執筆者
三原 由紀 ファイナンシャルプランナー:三原 由紀

当サイトでご紹介している自動車保険一括見積サイト「保険の窓口 インズウェブ」は、公式サイト上で平均節約額・顧客満足度・利用者数を公表しておりますので、これらのデータからいかにユーザーにとってメリットがあるのかを中立的な立場で解説していきたいと思います!

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用すると、ほぼ全員保険料が安くなることは間違いない!

喜ぶ男性の画像

当サイトは自動車保険の内容についてわかりやすく解説したり、複数の保険会社を比較することで同じ補償内容で年間保険料が安い保険を見つける方法などをご紹介しておりますが、当サイト全ページの下部にてご紹介しているのが、「保険の窓口 インズウェブ」の自動車保険一括見積サイトです。

なぜこちらの自動車保険一括見積サイトを掲載しているのかというと、使いやすいことはもちろんのこと、2000年からインターネットによる自動車保険一括見積サービスを提供している実績と信頼があるからです。

さらに2018年7月現在ではすでに900万人以上の方が利用しているというのですから驚きです!

私もこちらの一括見積サービスを利用して毎年保険料を安くすることに成功していますが、保険の窓口 インズウェブは公式サイト上で、"インズウェブの3つの特徴!"という見出しで、平均節約額・顧客満足度・利用者数のアンケート結果や推移をご紹介しておりますので、データ元を引用して解説したいと思います!

約42%の方が実際に年間保険料を3万円以上も節約できている!

インズウェイズ年間保険料の画像

※ 上記キャプチャ画像は公式サイト「保険の窓口 インズウェブ」より引用

インズウェブでは利用者に向けて定期的にアンケートを実施しています。2016年の現在自動車保険に加入済みでインズウェブの自動車保険一括見積サービスをはじめて利用した方を対象に行ったアンケートでは、節約できた年間保険料は上の円グラフのような結果となっています。

私もはじめて利用したときは年間保険料を82,670円 ⇒ 51,670円にすることができましたので、年間31,000円も節約できたのでラッキーだと思っていましたが、統計データによると約42%以上のユーザーは3万円以上節約できていますので、別にラッキーではなく普通のことだったみたいです(笑)

さらに驚きなのは約19%の方は5万円以上も節約できているという事実です。おそらく車を購入したディーラーや販売店で勧められるがまま適当に契約した方々だと推測はします。私もそうでしたから...。

インズウェブの自動車保険一括見積画面では、車検証か保険証券を手元に用意しておけば最短5分程度の入力で最大20社の中から入力内容と合致する保険数社を自動的に判別し一括見積をとってくれますので、わずかの手間で数万円も節約することができるのです。もはや利用しない手はないと言えるサービスです。

利用したユーザーの顧客満足度はなんと約93.9%!

インズウェイズの顧客満足度の画像

※ 上記キャプチャ画像は公式サイト「保険の窓口 インズウェブ」より引用

同じく インズウェブが行った2015年のアンケート結果によると、利用したユーザーのあ93%以上が満足していると答えています。理由としては、「複数の保険会社の見積もりがひと手間で済む。」といったものや、「見積結果のスピードも早く保険料が安くなった!」という回答があげられています。

逆に残り7%の方は満足していないということになりますが、理由を考えてみるとおそらく、「思っていたよりも保険料が安くならなかった。」や「条件に合う保険会社が見つからなかった。」などがあると思います。自動車保険一括見積サービスを利用する目的は保険料を安くすることですから、それが十分に叶えられなかったのでしょう。

しかしそれでも約94%の方は満足しているという結果になっていますので、満足している=保険料が安くなったということですから、この数字は非常に優秀だと思います。

現在では900万人が利用!今後も伸び続ける見込み!

インズウェイズ900万人の画像

※ 上記キャプチャ画像は公式サイト「保険の窓口 インズウェブ」より引用

最後に、インズウェブの2016年4月末までの利用者数についてです。なんと利用者数は900万人!を突破しています!インズウェブは2000年から自動車保険一括見積サービスの提供を開始していますが、2016年までの16年間で900万人もの方に利用されています。

900万人といえば大阪府や神奈川県の人口とほぼ同じです。国でいうとスイスの全人口と同じくらいです。想像してみるとすごい数字ですね。

1998年に実施された自動車保険の自由化以降、インターネットで申し込みから契約までが完結するダイレクト型が主流になってきていますから、特に近年の利用者数の伸びが大きくなっています。現在では自動車保険はネットで申し込むことが一般的になってきていますので、今後さらなる伸びが期待できます。

自動車保険の一括見積もりサイトは安全?デメリットはある?

悪いイメージ画像

ここまでご説明したように、自動車保険の一括見積もりサイトを利用するとほとんどの方は保険料が安くなります。

しかし、一括見積もりサイトと聞いただけで「個人情報は大丈夫なの?」「ジャンジャン電話がかかってくるのでは…」と不安になる方もいるかもしれませんね。

そこで、気になる疑問についてまとめてみました。

一括見積もりサイトの個人情報について

今は個人情報に厳しいご時世ですから、どの一括見積もりサイトでも「プライバシーポリシー」という規約を公開し、目的の範囲外で利用しないことを約束しています。

もちろん、このサイトでご紹介しているインズウェブでも、「当社は利用目的を明確にした上で取得し、目的の範囲内に限り、個人情報を利用します。」とサイト上で明言していますので、安心して利用できます。

電話連絡(勧誘)について

じつは自動車保険の一括見積もりサイトでは、電話はほとんどかかってきません。見積もり結果の連絡も、多くはメールやハガキで来ます。

たしかにその後も、いろいろな営業メールは届くのですが、不要ならすぐ配信停止の手続きができますから、とくに大きな問題にはなりません。

なぜ自動車保険の一括見積もりサイトでは電話があまり来ないのかというと、1つは自動車保険が「押せばなんとか契約をとれる」といった種類のものではないからです。たとえば車買取の一括見積もりサイトですと、情報を送信した直後から電話が鳴りまくるのですが、自動車保険は車の情報だけで料金が決まる単純なものではありません。

まずは見積もり結果を見た上で、個人個人がそれぞれに必要な補償をあらためてじっくり考える、というのが自動車保険の選び方なのです。

もう1つ、ダイレクト型(通販型)の自動車保険が多いから、という理由も挙げられます。ダイレクト型の自動車保険は、できるかぎりウェブで手続きを完結することで人件費を抑えているため、見積もりを依頼してきた1人ひとりに営業電話をかけるような不経済なことは、ほとんどしないのです。

私自身、自動車保険の一括見積もりサイトを利用して電話で困った、という経験はありませんので、ぜひ安心して利用してみてくださいね。

一括見積もりサイトのデメリット

一括見積もりサイトのデメリットがあるとすれば、最初に情報を入力する手間がかかることと、見積もり結果はあくまで概算である、という点くらいだと思われます。

複数社から見積もりをとったら、その結果をもとにさらに契約条件を細かく煮詰めていきましょう。くわしい方法については、こちら(自動車保険見積もりガイド)でもご紹介しています。

まとめ

以上が「自動車保険一括見積もりサイトを利用して得した人の金額と割合」の解説になります。

「こんなサービスを利用しても結局保険料は安くならないんじゃないの?」と疑っている方もいらっしゃると思いますが、私を含め利用した方のほぼ全員年間保険料が安くなることはデータでも確実にわかっていることですので、面倒くさがらずにぜひ一度やってみることをおすすめします!

ちなみに私は毎年保険の満期日の前に一括見積サービスを利用して、その時点で同じ補償内容で1番安くなる保険に加入しています。等級は保険会社が変わっても引き継がれますから同じ保険会社にしておく理由はありませんので、どんどん安い保険会社に乗り換えていくことで、数年経つと10万円以上の節約を実現することができます!

公式サイト ⇒ 自動車保険一括比較!
※ 手元に車検証保険証券があるとスムーズです。

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2018 Freeb Inc.