TOP > 任意保険未加入

任意保険未加入

任意保険未加入のクルマの死亡事故から学ぶ3つの教訓

交通事故の中で最も痛ましい死亡事故は、生命を突然に奪われた被害者の無念と共に、大切な人を突然に失った遺族に失意と深い悲しみを与えます。

一方死亡事故の加害者は、自ら招いた重大な過失により他人の命を奪ってしまったことの罪の重さに苛まれ、その家族をも苦しめます。加害者が任意保険未加入でクルマを運転していたとなれば、問題は、さらに広がり遺族への補償の不足が懸念される事態となるでしょう。

ここに任意保険未加入者が起こした痛ましい死亡事故の例があります。加害者の後悔と苦悩、被害者遺族の苦しみと悲しみから学ぶ3つの教訓をご紹介します。

続きを読む

追突事故の相手が任意保険に未加入の場合3つの対応策

警視庁発表の2014年度の交通事故統計において、全交通事故の内、約87%がクルマ同士の事故と言う結果でした。

事故の類型で見ると、気になる1位は、追突事故となっており36%を超える割合を示しています。これほどに多い追突事故だと、任意保険の未加入者が加害者となっている事故も発生しており、年間を通した事故の中でも追突事故によるトラブル相談が絶えません。

そこで、追突事故に対して自分でできる3つの対応策をご紹介します。

続きを読む

物損事故の相手が任意保険未加入!自分の保険を使う4つのメリット

任意保険に入っていないクルマとの物損事故は、なんとも嫌な気持ちになります。

「相手は過失分をちゃんと払ってくれるだろうか?」 「示談交渉に応じてくれるだろうか?」 など、様々な心配が頭をよぎるでしょう。

しかし、心配はいりません。実は、現在の自動車保険は、以前と比べれば補償範囲も広く様々な事故で対応可能になっています。エコノミー車両保険をセットして有れば、ほとんどの車両相互間事故において、自分の保険を使うとスムーズに解決できます。

この章では、自分の任意保険を積極的に使うメリットを考察します。

続きを読む

泣き寝入りしない!任意保険の未加入車から身を守る3つの補償

もらい事故などを含む車同士の事故で、相手が任意保険に入っていないとわかった時、こみ上げる怒りと失望感は、経験した人にとって忘れられない記憶です。

しかし、そのような未加入のクルマは現在もあって、任意保険と自動車共済のどちらかに加入しているクルマは、残念ながら9割にも到達しません。残りの約1割強の車が保険をかけずに今でも平然と走っています。

こうしたクルマと事故を起こせば、多くの場合で賠償金の支払いトラブルとなり、修理費や治療費などがもらえなかったり、不足したりすることが容易に想像できます。

任意保険未加入者との事故トラブルから身を守る、3つの補償を詳しくご紹介します。

続きを読む

運転者限定により任意保険が未加入同様の条件で加害者に?!

最もポピュラーな保険料を安くする方法は、「年齢条件」と「運転者限定」を付けることです。

年齢条件を設定することで自動車保険が安くなるのは、ノンフリート等級制度の導入以来続く常識と言っても良いでしょう。

また、年齢条件に並んで保険料の自由化と共にリスク細分化が進んだ運転者限定は、文字通り運転する人を限定し保険料を抑えるので、期待通りに保険が安くなります。

しかし、一方で限定条件から外れた人が運転し加害者となった場合、実質的に任意保険に未加入の状態と同じなので、保険が使えないと言う問題も生じています。限定条件に隠された危険と問題点を考察してみます。

続きを読む

任意保険に未加入で事故!賠償義務と罰則への影響

車の運転をして交通事故を起こした場合、ドライバーは、過失責任の割合に伴う賠償義務が発生します。(参考:過失割合

自動車保険の有無にかかわらず、物損・人身の事故を起こせば、損害賠償の債務責任を負うことになります。

自動車には、自賠責保険と任意保険の2つの保険があり、それぞれ必要な補償です。自賠責保険は、強制保険のため無保険での走行を禁じられており、刑事罰を伴う罰則があります。

続きを読む

任意保険未加入車との事故で被害者が使える3つの補償

歩行者が青信号で横断している時や信号待ちで、一方的にぶつかってきた車が任意保険に入っていないと聞いたら、だれでも怒りや失望感と同時に大きな不安を感じるはずです。

「治療費や慰謝料の支払いはどうなるのだろうか?」

現実的な話として1割以上の任意保険未加入の車(自動車共済を含む)が道路を走っています。つまり単純に見て、自動車との事故10件に1件以上の割合で、任意保険未加入の車との事故に遭遇する可能性があります。

乗車中、歩行中など状況にかかわらず被害者となった時の不安は相当なものだと思います。この記事では保険未加入者との事故で、直ぐに使える補償と対応策を3つご紹介します。

続きを読む

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.