TOP > 自動車保険見積もり > 自動車保険の見積もりを効果的にとる方法

自動車保険の見積もりを効果的にとる方法

自動車保険の見積もりを効果的

自動車保険はひとむかし前と違い、加入する保険会社によってかなり保険料が異なるようになってきています。

その大きな理由としては、人口減少で限られた加入者を対象として補償を行うためにリスクの高い加入者にはより一層高い保険料を請求するように体系が変わってきていることが上げられます。

また高齢化社会が現実化してきており、60代以降の加入者の事故率も高くなってきていることが負担保険料を増加させる動きになっているのです。

保険の年齢別の料率や保有車両の料率、保険の等級については国内で事業を行っている損害保険会社は統一的なしくみを導入していますが、肝心なのはそのひとつひとつの料率に対応した保険料が各保険会社によって異なってくることです。

どの顧客を多く取り込むか、どの層に利益を多く見込むかは保険各社の個別戦略

自動車保険加入者の中でどの顧客を積極的に取り込むかについては保険会社各社によって異なることから、年齢や車種別の引き受け保険料も微妙に異なるものになっています。

たとえば40代、50代の男性は通常ほとんどクルマに乗らない人が多く加入からも時間がたっていることから、保険等級も高くなる傾向があるため保険料も安くなりますが、さらにその層を狙って他社より安い保険料を提示してくるといった会社もあるのです。

こうしたことから同じ保険加入の条件で見積もりをとっても保険料の異なる会社が多くなるのです。ですから複数の保険会社から見積もりをとることで、お得な加入ができるチャンスがやってくるというわけです。しかもその保険料は驚くほど異なるものになることが多く、決して馬鹿にならないほど安くなるケースもあるのです。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

ただいまキャンペーン中

人物アイコン

どの保険会社に見積もってみてもあまり安くならないのが若者の新規加入

しかし、こうした保険見積もりの中でも、複数の保険会社から見積もりをとったのに安くならないケースも発生することになります。その典型的な例は18歳など未成年者で、しかも免許取立てで始めて自動車保険に加入しようとするケースです。

該当者は不愉快に思われるかもしれませんが、一般的に免許取立ての20歳以下という若者はすべての世帯の中も事故率が高く、保険会社にとっては決して好ましい顧客ではないのです。したがってネットを使って複数を比較してもほとんど積極的に保険を引き受けてくれない存在となってしまっています。

ネットで受け付ける通販型自動車保険の場合、こうした新規加入を敬遠して引き受けないという割り切ったところもあるぐらいですから、見積もりをとるといっても注意が必要になってくるのです。

複数の保険見積もりを効果的に行うための準備とは?

まず保険加入を効率的に行うためには自分の保険契約のステータスと今後加入したい保険について一応の条件を決めておくことが必要になります。

まず現在の保険の加入等級数がいくつなのかを確認します。そして加入する保険の条件も決めることにします。最近では対人も対物も無制限の補償に設定するのが基本となりますので、まずはその条件で見積もりをとってみるのがお勧めとなります。

しっかり補償されるから加入するのが任意保険ですから、数百円安くなるために加入条件に上限設定をするのはナンセンスです。まずはフルカバーの保険で見積もりを比較することが重要になります。

さらにもうひとつ考えなくてはならないのが「車両保険」です。クルマがかなり新しいもので、中古車としての評価額が50万円以上ある場合は一般型の車両保険に加入するのが望ましいですが、あえて、限定的な補償でいいと割り切るならばエコノミーを選択することになります。

考え方としては最初はフルカバーの保険で見積もりをとり、その中のもっとも安かった会社で条件を緩めて保険料がどれだけ安くなるかの二段階で見積もりをとっていく方法が確実なやり方となります。

「特約」をどこまでつけるかを考える

保険には自動車保険に限らず「特約」というものを付加することができます。これは主契約に追加で加入するので別個に加入するよりも安くなるものがほとんどですし、別個には加入できない特約も数多くあります。

しかしこの特約は確かにあれば便利ですが、つければつけるほど保険料は値上がりするものなのです。たとえばいくつかの特約の例をあげますと、ファミリーバイク特約は125cc以下のバイクを運転しているときに起こした事故もカバーしてくれる特約となります。

また身の回り品補償特約は、トランクに積んでいたゴルフクラブや座席においておいた貴重品を壊してしまったときの特約です。

さらに弁護士費用特約はまさかのときに弁護士を使って交渉する際の費用を補償してくれる特約となります。確かにどれも入っておけば安心ですが、こうした特約で不要なものを削るだけでもかなりコストダウンになるのです。

最後に確定した見積もり条件で再度複数の業者から見積もりをとってみる

クルマの保険では対人、対物の任意保険と車両保険を別の保険会社で引き受けてもらうことは出来ません。あくまで任意保険の一部として車両保険があるわけですが、実は車両保険というのはもっとも保険会社でその保険料の異なるものなのです。しかも一般型とエコノミーとでは驚くほど保険料が異なります。

したがって前のプロセスで一応の契約条件を確定させましたら、念のためにその条件でもう一度だけ複数の会社から見積もりをとることが確実な方法となってくるのです。

車両保険を含めたら当初考えていた会社よりも別のところのほうが安かったということはよくあるものなのです。念のためにこのプロセスだけは再確認してみるのがおすすめとなります。以上の流れを図にすると次のようになります。

効率的な保険見積取得と選択加入のプロセスについて

STEP1

基本加入条件の設定準備

  • 対人無制限
  • 対物無制限
  • 搭乗者保険設定
  • 車両保険暫定的設定
STEP2

見積もり複数依頼

STEP3

最も安い見積を抽出

STEP4

加入条件調整・追加

STEP5

修正条件で再見積依頼

  • 対人無制限
  • 対物無制限
  • 搭乗者保険再設定
  • 車両保険確定
  • 特約確定
STEP6

最も安い見積確定

STEP7

契約

見積をとる手間はかかりますが、最近ではネット上で見積額をすぐに算定して表示してくれる会社も多くなっていますので、このプロセスを繰り返してみると、自分に必要な保険の加入要件がわかるようになりますし、その要件の中でもっとも安いところを見つけることも出来るようになってくるのです。

つまり、最初にまず評価するための自分ならではのものさしを作り、それに修正を加えることで必要なものは何かを納得し、最終的にその条件で再度複数の保険会社から見積もりをとってみるという作業をすれば完璧な見積もり作業を行うことができるようになるのです。

保険料を安くする簡単な方法!

自動車保険を安くするためには、一括見積もりサイト(無料)を利用して保険料を比較することが大切です!運営者である佐藤はこちらのサイトを利用して、たった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※ お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2017 Freeb Inc.