TOP > 自動車保険ランキング > 自動車保険「保険料の安さ」口コミ比較ランキング

自動車保険「保険料の安さ」口コミ比較ランキング

自動車保険「保険料の安さ」ランキング

自動車保険は、ここ数年で人口構成の変化と高齢化の影響により全般的にその保険料が値上がり傾向にあり、また年齢と加入条件によってその保険料が加入各社によってかなりまちまちになってきていますので、ネットを利用して安く加入できるというのは消費者にとって非常に重要な保険選択の要素となってきています。

価格COMではこうした状況を踏まえて、自動車保険における保険料の安さランキングを利用者のアンケートから集計して発表していますが、2015年のランキングベスト5は次のような保険会社が選ばれています。

ランキングをご覧いただくとわかりますが、かなりネットを利用した通販型自動車保険がそのランキングを席捲していることがわかります。これはこれから保険を選択しようとする利用者にも参考になるランキングということができます。

安い保険会社は条件によって異なりますので、 こちらから一括見積りをして比較することが大切です。

具体的な「保険料の安さ」の口コミランキングベスト5

自動車保険保険料の安さランキング
第1位 SBI損害保険
第2位 三井ダイレクト損害保険
第3位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
第4位 アクサ損害保険(アクサダイレクト)
第5位 チューリッヒ保険

第1位 SBI損害保険

SBI損害保険

SBI損保はネット通販ではかなり価格が安いと評判ですが、実際多くのユーザーが一括見積もり査定サイトなどで安い価格を引き出してSBI損保を選択しています。年齢層も20代から60代まで幅広い層に価格面で支持されており、相当価格については他社を研究して設定していることが窺われます。

また保険の支払いを実際に受けたことのないユーザーは事故対応より価格重視で商品選択を行っていることが非常によくわかります。ロードサービスや事故対応力があって低い保険料で提供してくれるということを評価する傾向がみられます。

第2位 三井ダイレクト損害保険

三井ダイレクト損害保険

三井ダイレクト損保も保険料の安さでは高い評価を得ています。保険料の安さにくわえて特約などの付加契約に関する自在性が高いところも評価されているようで、総合的に安さを認められているところが大きなポイントとなっています。

やはり個別の加入者では三井ダイレクトのほうが安くなるケースもあるようで、このあたりはまさに加入者ごとに少しずつ状況が異なることを示しています。三井ダイレクトも20代から60代まで幅広くその保険料の安さを支持されており、全年齢域で安い設定を行っていることが理解できます。

第3位 セゾン自動車火災の「おとなの自動車保険」

おとなの自動車保険

三位にランキングされたのがセゾン自動車火災のおとなの自動車保険です。この保険はリスク細分型を逆に活かして、保険会社としてもっともリスクの少ない40代50代の保険料を思い切って下げた特定年齢層ターゲティング商品であることから、さすがに20代や30代からはまったく評価されていないものの、総合では3位に入るほどの健闘を見せています。

それだけ40代、50代は保険料の安さを実感できているようで、特定世代で商品企画どおり圧倒的な強さを誇っていることがわかります。

第4位 アクサ損害保険

アクサダイレクト損害保険

国内では早期からネット通販に力を入れてきたアクサダイレクトも保険料の安さでは高い評価を得ている状況です。

やはり長年ネットを通じたダイレクト自動車保険を販売されているとどこが販売の肝になってくるのかをかなり心得ているようで、事故対応やロードサービスを含めて高い評判を得ていることがわかります。

第5位 チューリッヒ保険会社

チューリッヒ自動車保険

そして5位にランクインしましたのがチューリッヒの自動車保険です。チューリッヒの場合も顧客によって最安値が出るケースがあるようで、微妙に年齢層ごとに保険料を各社が変えてきていることが窺える状況がわかります。

つまり最初から規定するのではなく、しっかり一括見積もりで比較してみないと安い保険料の会社は申し込む個々人の状況によって変わるということを示唆しているわけです。

文章はまだ続きますが、車の保険料が気になった方は先に一括見積しておくと読み終わったころに続々と保険料が送られてきます。お手元に車検証か保険証券のご準備を!入力はたったの5分程度です。

ただいまキャンペーン中

人物アイコン

保険料の安さ口コミではネットの通販型自動車保険が圧勝!

ご覧いただいたように保険料の安さでいいますと、もともと販売代理店を通さずに、できるだけコストダウンしたものを顧客への価格に転化させたネットの通販型自動車保険商品にかなりの一日の長があることが理解できます。

また特定の年齢層だけを狙った保険も広告の訴求内容どおりで、安い加入料で保険に入れることが大きな人気となっているようです。一括見積もりサイトを利用することが、かなり便利であることも徐々に知れ渡ってきているようで、しっかり安い保険を自分で認識できるユーザーが増えていることを感じさせられるランキング内容となっています。

様々な商品の領域でネット上での価格比較というものが定着しはじめていますが、自動車保険もその有力な商品としてネット上の比較が定着していることを示唆する結果となっています。

ネットを使って自己判断できる層が確実に増えている

これまで自動車保険というのはなかなか保険料比較ができにくかったものですから、代理店が進めてくる条件に加入するかしないかしか選択肢がなかったのが事実です。 よほど知り合いがいるとか、付き合いがある人でない限り特定の保険会社を指名して加入するという行為は起こりえませんでした。

しかしネットで複数の保険をしっかり比較できる層は、自分の判断で自動車保険を決めて加入できるようになってきているのです。消費者の自動車保険に対する知見が確実に高まっていることを思わせる結果であり、今後ネットを通じてのこうした選択と売買のプロセスはより拡大していくことを感じさせてくれます。

保険は全般的に誰かに勧められないとよくわからないといった第三者依存の顧客が多いのが特徴となってきましたが、マーケットが確実に変化していることを強く感じさせられる調査結果であるといえます。

保険会社毎の個別の戦略差がはっきりとわかる

自動車保険はこれまで、とかく横並び感の強い商品というイメージがありましたが、実際には人口減少と高齢化という2つの課題を抱えて、市場が縮減する中にあって、各社が別個に市場でシェアをとる戦略を明確に変化させてきていることも強く感じる結果となっています。

もっともリスクの少ない年齢層をボリュームゾーンとしてセールスを拡大させようとする保険もありますし、逆にオール世代で安さを武器にブランドスイッチをはかろうとする保険もあり、各社のマーケットへのアプローチの仕方の違いも強く感じさせられる結果になっています。

保険会社の選び方によって保険料が明確に異なる時代が到来していることを、多くの消費者がしっかりと認識するようになっているのです。

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2019 Freeb Inc.