TOP > プロFPが辛口評価!自動車保険の口コミ > プロFPが辛口評価!三井ダイレクト損害保険「自動車保険」の口コミ

プロFPが辛口評価!三井ダイレクト損害保険「自動車保険」の口コミ

三井ダイレクト

世間一般の常識と言っても過言ではありませんが、どのような商品やサービスもランキングの上位に入っているのにはそれなりの理由があります。

今回、徹底評価する自動車保険は、三井ダイレクト損害保険会社の自動車保険になりますが、率直なところ、常にさまざまな自動車保険ランキングの上位にランクインしているイメージを筆者は持っております。

幅広い年齢層に三井ダイレクトの自動車保険が支持される理由はいったいどのようなところにあるのか、また、売りや特徴はどのようなものがあるのか、徹底検証し読者の皆さまへご紹介していきたいと思います。

三井ダイレクト損保含む安い自動車保険を探すなら こちらから

1. 三井ダイレクトの高い評価・口コミは「必要補償のみを選択できる」こと

三井ダイレクトの最大の売りは下図の様に「必要補償のみを選択できる」といった細かな部分にあります。

出典 三井ダイレクトHP ニーズに合わせて設計できる補償内容より引用

3の「補償内容をまとめて紹介」を後ほど確認していただくとわかりますように、三井ダイレクトの自動車保険は、基本補償が「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」のみといった特徴があります。

他社と違って他の補償は、「自動付帯になっていなかったり」「基本補償に組み込まれていない」といった、いわゆる「選択式」になっているため、本当に自分が必要としている補償のみを付け加えることができるといった大きな特長があります。

この仕組みは、一切保険料と補償の無駄がない結果となることから、広く多くの世代に受け入れられている要因だと考えられます。

もう一点付け加えるとすれば、三井ダイレクトはメガ損保のグループ会社であり、多くのドライバーからの信用や安定があることも理由として挙げられると推測されます。

2. 三井ダイレクトの自動車保険料割引の種類が豊富な口コミ

三井ダイレクトの自動車保険では、保険料割引の種類が豊富といった特長があります。以下は、各種保険料割引の名称と特徴になります。

三井ダイレクトの自動車保険手続き割引一覧

割引名称 特徴
インターネット契約割引 三井ダイレクト損保のWebサイトで自動車保険をお申し込みいただいた場合には、インターネット契約割引が適用されます。
eサービス(証券不発行)割引 eサービス(証券不発行)特約をお選びいただくと保険証券兼領収証の発行が省略され、保険料が500円(月払の場合は、この割引を適用した金額を基準として、月払保険料を計算します。)割引となります
継続割引 継続のご契約(前契約が当社の場合)については、当社で継続されてきた回数に応じて、保険料を以下のとおり割り引きます。
・1回目=割引率1.0%
・2回目=割引率1.5%
・3回目=割引率2.0%
ご紹介割引 三井ダイレクトの自動車保険に加入している状態で紹介した相手が、申込書兼確認書または電話で手続きをした場合において所定の要件を充たすとき、初年度に限り、保険料を2,000円(月払の場合は、この割引を適用した金額を基準として、月払保険料を計算します。)割り引きます。
セカンドカー割引 すでに三井ダイレクト損保で自動車保険をご契約されているお客さまが、新たに購入された別のお車を契約される場合、一定の条件を満たせば「セカンドカー割引」が適用されます。
新車割引 契約の車が自家用普通乗用車、自家用小型乗用車または自家用軽四輪乗用車の場合で、保険始期日の属する月が初度登録年月の翌月から起算して25ヶ月以内のときは保険料を割り引きます。
ECO割引 契約の車がハイブリッド車または電気自動車(燃料電池自動車を含む)の場合で、保険始期日の属する月が初度登録年月の翌月から起算して13ヶ月以内のときは保険料を割り引きます。

出典 三井ダイレクトHPを基に筆者作成

3. 三井ダイレクト自動車保険の補償内容を評価

ここからは、三井ダイレクト損害保険株式会社の自動車保険で補償される内容をまとめて紹介していきます。基本補償と特約の関係は以下のとおりです。

補償対象 補償内容
事故相手への補償 ・対人賠償責任保険(基本補償)
└他車運転特約(自動付帯)
・対物賠償責任保険(基本補償)
├対物超過修理費用補償特約(選べる)
└他車運転特約(自動付帯)
契約者自身・家族への補償 ・人身傷害保険(選べる)
└搭乗中のみ補償特約(選べる)
・搭乗者傷害保険(選べる)
├搭乗者傷害Wケア(選べる)
├搭傷顔面部等倍額特約(選べる)
└搭傷死亡等対象外特約(選べる)
・無保険車傷害特約(自動付帯)
・自損事故傷害特約(選べる)
契約者自身の車への補償 ・車両保険(選べる)
(一般タイプと限定タイプの2つから選択)
├事故付随費用補償特約(選べる)
├身の回り品補償特約(選べる)
├指定修理工場入庫臨時費用補償特約(自動付帯)
└車両保険セット割引(自動付帯)
ロードサービス・事故対応 ・1事故専任担当制
・被害事故専任担当
・対人・対物賠償事故示談代行
・24時間事故受付
・安心の事故対応時間
・休日でも安心の事故対応時間
・休日事故のお客さま急行サービス
その他の補償内容 ・年齢条件設定と運転者の範囲に関する特約
└年齢条件設定(運転者年齢限定特約・子供運転者年齢限定特約)選べる
・運転者の範囲に関する特約
├1.家族限定特約(運転者家族限定特約)
├2.本人・配偶者限定特約(運転者本人・配偶者限定特約)
└3.本人限定特約(運転者本人限定特約)
1・2・3から補償範囲を選択します
・ファミリー傷害特約(選べる)
(ファミリー傷害ワイドタイプとファミリー傷害アウトドアタイプの2つから選択)
・弁護士費用補償特約(選べる)
・ファミリーバイク特約(選べる)

出典 三井ダイレクトホームページ 補償とサービスより引用

4. 三井ダイレクト損害保険の評価・口コミまとめ

今回は、三井ダイレクト損害保険株式会社の自動車保険を紹介しました。三井ダイレクトの自動車保険が多くのランキングで上位を獲得する理由として、

  • 必要補償のみを選択できる
  • 保険料割引の種類が豊富

といった理由が大きいと考えます。

あくまでも一例ですが、ハイブリッドカーを新車で購入した場合には、新車割引やECO割引など一般の割引に加え、多くの割引が適用されるため保険料が割安になる影響も人気の秘密かもしれません。

同社のホームページ上で公開しているお客様の声には、中高齢からの声が多く見られ、前述した理由も少なからず関係しているのではと予測します。

多くの年齢層から支持される理由は、前述した2つの理由を含めドライバー中心のコストパフォーマンスを重視した自動車保険だからであると思われます。

評価・口コミサイトの三井ダイレクト損害保険「自動車保険」へのコメント

MS&ADインシュアランスグループ、三井ダイレクト損保の自動車保険に関する口コミです。

価格.com

価格.comには、三井ダイレクト損保の自動車保険への口コミが多数寄せられています。

良い評価・口コミ

  • 契約内容を決める際、親切に相談に乗ってもらったおかげで納得できる内容で契約できた。以前の保険に比べると、保険料が半額以下になり満足している。
  • 車両保険の金額を他社より細かく設定できた。必要な補償も十分に付いている。
  • 電話やインターネットでの対応もいいし、ロードサービスを利用した時もわかりやすく説明してくれて安心できた。

悪い評価・口コミ

  • 事故を起こした時、相手側が悪いにもかかわらず、なぜかこちらより相手の言い分を聞いていた。結局、しぶしぶ示談に応じることになり不満。
  • 担当者が頼りなく、加害者との交渉がうまくいかなくなって、結局解決までに2年かかった。
  • 担当者が新人だったためか、相手の保険屋にうまく言いくるめられて泣き寝入りする形になった。

みん評

みん評のランキングでは、三井ダイレクト損保は堂々の2位。☆5つ中3.74をマークしています。

良い評価・口コミ

  • 保険料が安いし、ロードサービスを利用した時も丁寧に対応してもらえた。
  • 保険未加入車にぶつけられたが、何度も連絡してくれてアドバイスをもらったおかげで良い結果に終わることができた。
  • 2回事故を起こしているが、どちらもすみやかに保険金が支払われた。

悪い評価・口コミ

  • 事故から2ヶ月たっても進展なし。担当者が動いてくれないので、結局自分で相手の保険会社と交渉することになった。
  • 事故対応が遅い。こちらから連絡しないと担当者から音沙汰がない。
  • ノンフリート20等級で、10年も無事故で加入しているのに、追突事故に遭ったら保険料がスムーズに支払われない。結局、あきらめずに説得して支払ってもらった。

クチコミランキング

クチコミランキングでは、三井ダイレクト損保は5位を獲得しています。

良い評価・口コミ

  • 保険料が安く、対応もいい。飛び石によるキズがひどかった時も、すみやかに車両保険が支払われ、すぐに修理ができた。
  • 立て続けにバッテリー上がりとエンストが起き、ロードサービスを利用したが、どちらも連絡から30~40分で駆けつけてもらえたので助かった。
  • 人身事故を起こした際、親切丁寧に対応してもらったおかげで早く解決をはかることができ、感謝している。

悪い評価・口コミ

  • 相手の言い分ばかり聞かされ、どちらの味方なのかわからない状態。こちらが折れないと交渉が進まない感じだったので、仕方なく折れるしかなかった。
  • 相手にも過失があるのに、0:10で決着がつき、示談交渉もなし。
  • 保険料や顧客対応には満足しているが、肝心の事故対応がイマイチ。こちらの言い分は相手に伝えてもらえなかった。

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2019 Freeb Inc.