TOP > 車両保険

車両保険

車両保険は自分への補償を手厚くする代わりに、自動車保険料を高くしやすい補償です。

車両保険は必要なのか?そもそも車両保険とはどのような補償なのか?免責金額の設定方法など、わかりやすく解説しております。

車両保険の「免責」の意味と保険料を安くする付け方

車両保険を考える場合に必ずでてくる言葉が「免責(めんせき)」です。責任を免ずるという意味になりますが、だれのどういった責任を免ずるのでしょうか?

また免責金額を設定していたとしても必ず自己負担があるということではありません。

続きを読む

車両保険は必要?不要?上がる保険料から考えよう!

車両保険は任意保険の中の補償の1つで、自分の車の損害を補償する保険です。

任意保険というのは対人・対物などの補償がありますが、基本的には相手方への補償になります。そのため、自分の車には車両保険をつけることで相手方から十分な補償が得られない場合に備えることができます。

ただこの車両保険、つけるとかなり保険料が上がってしまうのです。

続きを読む

車両保険の金額を決める自動車保険車両標準価格表とは

自動車保険料を見直したいと考えている人の多くは、自動車保険の比較サイトでどこの保険会社が安いのか比較検討したことがあると思います。

多くの人があまり気に留める部分ではありませんが、自動車保険料の見積り結果、どこの保険会社も極端に大きな保険料の差がないと気が付きませんか?

言われてみればと今、初めて気が付いた人もいると思いますが、実はこれには「自動車保険車両標準価格表」といったものが大きく関係しているのです。

今回は、この自動車保険車両標準価格表と車両保険の関係について解説していきたいと思います。

続きを読む

車両保険の申し込みをする前に読む教科書

自動車保険は一般に「相手への補償」「自分や搭乗者への補償」「自動車の補償」「その他の補償」といった4種類に大きくわけることができます。

今回ご紹介する車両保険は、自動車の補償といった役割をしてくれる保険ですが、保険会社によって多種多様です。自動車保険にこの車両保険を付けるか、付けないかで支払保険料も大きく変化するだけに、実際の検討において悩まれる方も多く見受けられます。

そこで、本記事では車両保険1つに内容を凝縮し、教科書として役立てられるような内容で解説していきたいと思います。

できる限りわかりやすく解説していきたいと思いますので、ぜひ、今後の車両保険の参考としていただけましたら幸いです。

続きを読む

当て逃げ事故でも自動車保険は意味がある?

当て逃げ事故が発生したことによって自動車に損害を受けた場合、損害を受けた自動車が補償対象となっている自動車保険に加入していることで保険金を受け取れる場合があります。

実際に、当て逃げ事故によって保険金を受け取るためには、損害を受けた自動車が補償対象となっている自動車保険に加入していることに加え、当て逃げ事故が補償対象になっている車両保険に加入していること...

続きを読む

飛び石でガラス交換が必要に!自動車保険(車両保険)を使うかどうかの判断基準

「飛び石」によるガラスの損害は、自動車運転をしている以上、どうしても避けて通ることができず、いわば、偶発的な事故にあたります。

仮に、飛び石によってガラスに損害を受けてしまった場合、ご自身が自動車保険に加入していることに加え、飛び石によって生じた損害を補償する車両保険に加入していなければ保険金を受け取ることができま...

続きを読む

保険料を安くする簡単な方法!

サイト運営者である雪本は こちらからたった5分の手間年間36,390円も保険料を安くすることができました!(証拠) ※お手元に車検証と保険証券があると入力がスムーズです。

こちらの自動車保険一括見積サイトを利用して得した人の金額と割合

ページの1番上へ戻る

© 2015-2018 Freeb Inc.